体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アリ撃退にはチョークが有効」とTwitterユーザー その真偽は?

夏場になると気になってくるのが、マンションや家のベランダや玄関に集まってくる虫たち。ドラッグストアに行くと、これでもかというくらい殺虫剤や虫よけグッズが目に飛び込んできます。ゴキブリ、スズメバチ、アリなど、様々な虫専用の殺虫剤がところせましとドラッグストアの棚に並んでいます。

アリ限定ですが、ある『Twitter』ユーザーがアリ対策の簡単なライフハックを紹介しています。


https://twitter.com/ChristineFox_/status/1014302198702850049
「アリはチョークが大嫌い。飲み物やコースターの回りにチョークで線を引けば、アリはチョークの線から内側には入ってこない。夏場のライフハック」


https://twitter.com/GetEmGirl/status/1014348700699766784
「家の前の歩道に子供と一緒にチョークでアルファベット書いていた時に、私も偶然このライフハックを発見したわ。アリはチョークで書いたアルファベットをまたごうとはしなかった。驚いたわ」と、他にもアリの習性に気付いたユーザーがいました。


https://twitter.com/blurbette/status/1014338341389684736
「ナツメグもね。キッチンにアリを寄せ付けないわよ」というユーザーも。


https://twitter.com/b_lauryn/status/1014361362305310720
一方で、「バカげてるね。試してみたけど、アリはなにもなかったかのごとく平然とチョークの上を歩いていったよ」という声もありました。


https://twitter.com/JenetAllDay/status/1014341175795331072
「都市伝説」というユーザーが参照元として紹介した記事には、「アリの群れは仲間のにおいをたどって行進するので、一時的にチョークなどで仲間のにおいを妨害すると行き場を失う。ただし、これは長時間続かない」とありました。「アリとチョークの話が広まった背景には、中国から不法に輸入された殺虫剤成分の入ったチョークが原因だと思われる」とのこと。

うん、なるほど。結局、アリを確実に撃退したいのであれば、アリ用の殺虫剤買うのが一番手っ取り早いということか。なんだか『Twitter』らしいオチでしたね。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/ChristineFox_/status/1014302198702850049

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。