体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CodeWeavers、Chrome OSのLinux環境で実行できるCrossOverの開発を表明し、インストール手順を公開

CodeWeavers が同社の公式ブログで Chrome OS の Linux VM 上で Linux 版 CrossOver を実行させる方法を公開しました。
Chrome OS は元々 Linux をベースにした OS なので、普段から Linux を触っていることにはなるのですが、コマンドラインが使用できないなど、表面上に Linux らしさはありません。
Google は今年の Google I/O で Chrome OS の制限された Linux 環境を一部開放することを表明しており、Google Pixelbook から順次、「Linux」という新機能が Chrome OS に組み込まれます。
これにより、コマンドラインを通じて Debian を操作することができ、Linux 版 CrossOver を Chromebook にインストールすることも可能になりました。
CrossOver というのは Windows 以外のプラットフォーム上で Windows 用アプリを実行できる環境を提供するエミュレーターソフトです。
Chrome OS 用の CrossOver は既に Google Play ストアで配布されていますが、現行版は Android アプリとして提供されており、Chrome OS にとってネイティブな Linux 版は利用できません。
CodeWeavers は現在、Chrome OS でも動作する Linux 版の開発を進めていますが、同社の公式ブログには現行バージョンのインストール方法が掲載されています。
Source : CodeWeavers

■関連記事
ユニークな折りたたみ式GPSドローン「Funsnap Idol(Xiaomi Idol)」開封の儀
Vivo、ユニークなポップアウトカメラを搭載した全画面スマホ「NEX」を正式発表
Xiaomi、コンパクトになった「Redmi 6」「Redmi 6A」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。