体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「チャリで来た。」の本人がテレビ出演 →人気ラッパーのインスパイア楽曲がiTunesランキング1位に急上昇

sloth

6月11日放送のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に、「中1の時に撮った写真が伝説的なバカ画像としてネットで拡散してしまい、その後10年間、運命に翻弄され続けている人。」として、ひとりの男性が登場。

「チャリで来た。」という和み系フレーズ(落書き)のプリントシールで有名になった、眼光鋭い男子中学生4人組のひとり、ユウタさん(現在23歳)だ。

【関連記事】「チャリで来た。」本人が“伝説のバカ画像”誕生秘話を語った! 拡散後の悲喜劇も明らかに
http://getnews.jp/archives/2052625

番組では、人気ラッパーのSLOTHさんから「(「チャリで来た。」に)インスピレーションを受けて楽曲を制作したからリリースしたい」と連絡を受けたエピソードを紹介し、過激な歌詞やミュージックビデオで知られるラッパーだけに、少し不安だったと正直に告白したユウタさん。しかし、送られてきた楽曲、タイトルはずばり『チャリで来た』を聴いていみると、「すごく良い曲でした」と絶賛した。

番組でミュージックビデオが紹介されると、ネット上でも「チャリで来たにインスパイアを受けた曲が、カッコいい!」「完全に名曲!」「名曲すぎて草」「こんな名曲があったなんて!」「めっちゃかっこいい!」と話題に。

放送終了後には、Yahoo!トレンド検索ワードで「チャリで来た」が2位にランクイン。『YouTube』で公開中のミュージックビデオは一夜にして約2万回も再生され、『iTunes』のHIPHOP MVチャートでは、韓国の人気グループ“BTS”を抑え1位、『iTunes』HIPHOPチャートでは2位にランクインし、2016年にリリースした楽曲がまさかの急上昇を果たしている。

SLOTHさん本人も、自身の『Twitter』で「TVすげー」と驚嘆している次第だ。


SLOTH / 「チャリで来た」OFFICIAL VIDEO(YouTube)
https://youtu.be/eOJFnOvELWI

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。