体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野鳥の鳴き声で難聴を早期発見! ウェブサービス『聴き鳥テスト』が楽しくて良い感じ

「難聴」と聞くとあまり自分に関係のない話のように思えるかもしれませんが、実は聴力は40歳前後から低下し始めると言われていて、65歳以上の日本人の約半数は言葉の聞き取りが困難になっているそうです。

自分は大丈夫だろうと思っていても、耳が遠くなるのは自覚症状が出にくいといいますし、自身の聴力を調べる機会もなかなかありませんよね。

聴き取る力の低下は認知症の発症率を高めるという調査結果もあるそうですし、長く健康に過ごすためにも聴力の低下にはなるべく早く気づきたいものです。

鳥の鳴き声を聞いて聴力テストができるウェブサービス

そこで、パナソニックが6月6日の“補聴器の日”に合わせて、気軽に聴きとる能力を確認できるようにと立ち上げたのが『聴き鳥テスト』というウェブサービス。

一般的に人間の耳は周波数の高い音から聞こえなくなっていくそうで、鳥の鳴き声はそれぞれ周波数が異なるため、加齢とともに鳴き声を聴きとれなくなる鳥が出てくるのだとか。

『聴き鳥テスト』では60種類の鳥の鳴き声を確認できるのですが、それぞれの鳴き声に難易度がつけられていて、鳴き声を聴きとれるかどうかを楽しみながら聴きとる力のテストができるのです。

例えば、もし自分の両親に難聴の兆候が出てきたとしても、なかなかストレートに「聴力テストを受けてきて」とは言いにくいものですよね。でもこの『聴き鳥テスト』なら嫌な印象を与えずに試してもらえそうです。

聴き鳥テスト体験会が開催されたので参加してみた

この『聴き鳥テスト』の公開日に合わせ、東京・高尾山にて『聴き鳥テスト』の体験会が開催されました。高尾山には『聴き鳥テスト』に収録されている鳥の中でも、聴きとる難易度が最も高い「星3つ」に設定されている鳥“ヤブサメ”が生息しているのです。

体験会の参加者たちは、果たして本物のヤブサメの鳴き声を聞くことができるのでしょうか……?

『聴き鳥テスト』には位置情報からその地域に生息している野鳥の情報を確認できる機能『聴き鳥マップ』も用意されていて、早速サービスを起動して確認してみると、どうやら周辺には“ヤブサメ”の他にもたくさんの野鳥が生息しているとのこと。

NPO法人バードリサーチの植田睦之さんと一緒に林道を歩きながら、本物の“ヤブサメ”の鳴き声を聞くべく散策を始めます!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。