体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京おもちゃショー2018:IoT機能を搭載したタカラトミーアーツのおしゃべり貯金箱『バンクワン/バンクニャン』

東京おもちゃショー2018:IoT機能を搭載したタカラトミーアーツのおしゃべり貯金箱『バンクワン/バンクニャン』

6月7日から10日にかけて東京ビッグサイトで開催された『東京おもちゃショー2018』。タカラトミーアーツは9月に発売する『おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン』を出展しました。

「犬実(けんじつ)」に1万円を貯めたい人向けの100円玉専用の『バンクワン』と、「ニャンとしても」5万円貯めたい人向けの500円玉専用の『バンクニャン』の2種類のおしゃべり貯金箱。お金を入れるとリアクションして現在の貯金額を教えてくれたり、人感センサーで人の気配を感じるとしゃべってくれます。

頭のボタンを押して指定のキーワードを話しかけると、それに応えて会話する機能も搭載。季節や時間帯に合わせて、約400パターンものおしゃべりを収録。

Wi-Fiに接続すると、専用のクラウドサービスと連携するIoT機能が利用可能。「ニュース教えて」「天気教えて」と呼びかけて、ニュースや天気予報を読み上げてもらうことができます。『おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン』9月発売予定で、予価は9800円(税別)です。

【東京おもちゃショー2018】IoT機能を搭載したおしゃべり貯金箱『バンクワン/バンクニャン』(YouTube)
https://youtu.be/MYvknxTPCFg

bank2

IoTをはじめとする最先端の技術を盛り込んだ製品のシリーズ『TooI(トーイ)』の第1弾製品。正式発表前の第2弾、第3弾の企画もブースに出展されていました。ちなみに「TooI」は「とってもおもしろおかしいイノベーション」の頭文字を取った名称だそうです。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。