体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実録漫画! 激ヤバ裏社会~突然逮捕されたら(6)「遂に取り調べの呼び出し」の巻

お待たせしました新企画第6回!
どうもどうも、41歳で番組収録していたスカパーのスタジオでウンコをしていたら警報機が鳴った特殊犯罪アナリスト・丸野裕行で~す!

森永キャラメルよりも滋養豊富と評判の実録漫画『丸野裕行の激ヤバ裏社会』

今回は、留置場に併設された運動場と喫煙事情についての体験記を綴ります!

世の中のタマキンの裏側を覗くような世界観をお楽しみください! 文章もイラストも100%マルノ印!
それではどうぞ!

第5回はこちら [リンク]
※この記事はイラスト記事となっております。2枚目以降のイラストが表示されない場合はこちらからどうぞ。

タバコは、1日につき2本

留置場というのは、警察官が逮捕した人間、また受け取る逮捕者を収容するために留置する施設ですので、まだ刑すら確定していません。
犯人と思しき者の逃走や罪証隠滅の防止の一環として行われるので、そこまで厳しくはないのです。

ですから、逮捕されたものに関してはそれほど厳しくはなく、留置場を監視する担当の警察官もそれほど高圧的ではないのです。

だから、朝食後には“運動”という時間があり、喫煙までできてしまいます。留置されている者にとっては、ちょっとした息抜きになるんですね。

ちなみに、僕と重盛さんはタバコは吸いませんが、山村さんはヘビースモーカー。
日に2回の“運動”の時間を心待ちしています。

一応は、僕もライターとしてなかなかできない経験なので、運動の時間に外に出てみましたが、もうねぇ、ただの動物園の檻の中です。
運動なんてできやしない。この狭さでは絶対にムリです。

これでは、留置場の中にいるよりも病んでしまいますし、何よりもすごい重罪を犯した気分になって、何もやっていないのに自責の念に駆られます。
頭上にいる警察官が地獄の赤鬼にも見えますし、コワい、コワい、まんじゅうコワい。

そのなんとも言い表せない重圧に、すぐに中へと戻ってしまいました。

官本はジャンルが様々

運動の時間を終えると、日に3冊の官本(雑誌や小説、週刊漫画誌、エロ本など)を貸し出してくれます。
人気のものは、『実話ナックルズ』や『裏モノJAPAN』、『アサヒ芸能』、『週刊大衆』、『漫画ゴラク』、『漫画ローレンス』などなど。

ライターの私にすごく近いものばかりです。ちなみに『文藝春秋』と『LEON』は置いてありません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy