体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨の日でも楽しめるボルダリングを特集! 初心者向けからプロジェクションマッピングを使った最新施設まで

雨の日でも楽しめるボルダリングを特集! 初心者向けからプロジェクションマッピングを使った最新施設まで
J-WAVEの番組『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』(ナビゲーター:森矢カンナ)。6月3日(日)のオンエアでは、「梅雨の時期でも楽しめる室内スポーツのススメ!」をテーマに、 最新ボルダリング体験リポートをお届けしました。

間もなく関東も梅雨入りです。そこで今回は雨でも楽しめる最新のスポーツとしてボルダリングを紹介しました。2020年の東京オリンピックの種目にも選ばれたということもあり、ますます注目が高まっているボルダリング。最近では、ネットで検索すると都内だけでもものすごい数の施設がヒットします。今回はその中から2つの施設をピックアップしました。

■まるでオシャレなカフェ! 初心者にオススメのボルダリングジム

まずは大田区にある「Sun Mountain」。内観は森矢が入ってビックリしたというほど、オシャレ!

森矢:一見ね、内装がオシャレなカフェみたいな感じで(笑)。私も7年くらい前に一回、違うジムに行ったことがあるんですけど、そこは暗い印象だったんですよ。ただこちらの『Sun Mountain』さんは風通しも良くて、窓も多くてすっごい気持ちいボルダリングジムでした。

「Sun Mountain」は初級・中級者をメインに作られているそうなので、初心者でも安心して楽しむことができます。ジムのスタッフさんいわく、男性は赤ちゃんの頃から、本能的に高いところで上下左右に動くことが好きなのだそう。

さっそく体験させてもらうことになった森矢ですが、なかなか難しかったようです。

森矢:一番カンタンなレベルのやつはスーって登れたんですけど、ちょっとレベルが上がるとすぐ動けなくなっちゃって(笑)。壁にひっついて動けなくなっている姿ってけっこう無様ですね(笑)。

森矢カンナさん(@kanna_moriya)がシェアした投稿 – 2018年 6月月2日午後4時57分PDT

森矢は、腕の力を使うだけではなく、頭を使って登るルートを考えていくのがすごく楽しかったそう。「Sun Mountain」では、初心者にもスタッフの方が優しく教えてくれるので、これから始めてみようかなと思っている方はぜひ足を運んでみてください!

■プロジェクションマッピングでボルダリング!

2つ目はプロジェクションマッピングと融合したスポーツクライミング。体験できるのは、国内最大級のVRエンターテイメント施設『VR ZONE SHINJUKU』です。

こちらの特徴は、次に掴む石をプロジェクションマッピングによってマーカーを投影して教えてくれます。さらに映像の錯覚で壁が歪んだり、壊して見えたり、壁から空気が吹き出したりするのだとか。

まるでゲームのようにボルダリングを楽しむことができるのですが、難易度は初級・中級・上級など5つのコースがあり、各コースはレベル4まで用意されています。一番高いところまでは7メートルもあるので、かなり本格的です。

森矢:私も映像を見たんですけど、プロジェクションマッピングで壁を登っているときに石が落ちてきたり、掴んだ石から滝みたいに水が噴き出したり、登ってる壁自体が歪んだり、なんか本当にテレビゲームの世界をリアルに体験しているみたいな雰囲気だったんですよ。

今回は仕事の都合で行けなかった森矢はかなり悔しかったようです他にもVRを使ったアトラクションがたくさんあるので、ぜひみなさんも体験してみてください!

こちらスタッフが体験してきたVR #クライミング の様子です!!#active813 #jwave pic.twitter.com/fQhnD1d1cs— CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS (@813active) 2018年6月3日

今日は、
初心者向けということに力を入れている#大鳥居 駅のそば #サンマウンテンhttps://t.co/21zTbrd1WJ#プロジェクションマッピング と融合したスポーツクライミング
「VR ZONE SHINJUKU」https://t.co/qo5Af4lb3M

をご紹介!気になった方はぜひ足を運んでみてください!#active813 #jwave pic.twitter.com/4tWGScpxLi— CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS (@813active) 2018年6月3日

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』
放送日時:日曜12時−12時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/activesundays/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。