体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラノベはプロレスに通じるところがある!? 第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作『タタの魔法使い』著者インタビュー

img_0964

KADOKAWAが主催する第24回電撃小説大賞 大賞受賞作品『タタの魔法使い』。高校生達が繰り広げる異世界を舞台とした独創的なサバイバルファンタジー作品ですが、このたび第2巻発売が決定したそうです。お話を伺ってみました。

第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作『タタの魔法使い』著者うーぱーさんにインタビュー

――― 受賞作『タタの魔法使い』ですが、ご執筆されたいきさつや物語の着想など教えてください。

img_1491

うーぱーさん(以下、うーぱー):着想は、太平洋戦争の従軍記を読んでいて「そういえばライトノベルで実在の戦争を舞台にしているものがないなぁ」と思い、最初は太平洋戦争の話を書こうと思ってたいたのですが、ライトノベルを読む読者には太平洋戦争の話はテーマが重いので、異世界のファンタジー色を出してみました。

――― 1巻の物語の肝となる、登場人物が卒業文集に書いたことを特殊能力として使えるという発想は、ゲームや何か参考にしていることがあるのでしょうか?

うーぱー:いや、これは、先にストーリーありきで「この問題を解決するにはどうしたらいいか?」ということ、どういう願いがあればいいかなと後から考えています。それらを纏めて解決するためには複数の能力が必要になって、じゃあ、卒業文集に書いたことが現実になったことにしようと。

最初は「異世界で旅をする」と、決めておいて、襲われたときに自衛手段が必要だな、とか、食料をどうしようかな、とか。

――― シャワーが降ってくる能力も見せ場でしたが後から考えたという感じですか?

うーぱー:後からですね。シャワーが必要だな、と。あ、でもやはりライトノベルなのでお色気シーンが必要かな、と(笑)

――― なるほど。お色気シーンの見せ場を入れるのは電撃小説大賞の受賞の必勝法かもしれないですね。

中学校の卒業文集に書いたことが異世界で特殊能力になる

――― もし、うーぱーさんが異世界に行くとしたらどんな能力になりそうでしょうか。

うーぱー:
僕が実際に書いたのは「渡り廊下のある家が欲しい」という内容のものです。私の家が交差点を挟んだ角にあり、南側と東側が空き地になっているので、その二箇所に家を建てて、渡り廊下でつないだら楽しいなと思って、渡り廊下がある家を建てたいので「社長になる」と卒業文集には書いてますね。

「社長」と卒業文集に書いているけど、登場人物になったら“渡り廊下が突然作れる能力”になりますね……。1巻だったら役に立たないのですが、2巻だったらもしかしたら役に立つかもしれません。

2巻ではそういう変な願いでも役に立つ、という部分を読んで楽しんでください、という。

――― なるほど。もし卒業文集に書いてあったらとしたら、どんな能力があると便利だと思いますか。

「4次元ポケットが欲しい!」が一番便利ですかね(笑)。でも、ドラ●●ボールやド●●もんが欲しい、とすると物語が破綻してしまうのでその辺りは気を使っています。

『タタの魔法使い』2作目が発売決定 2巻は旅ではなくダンジョンに!

――― 第2巻の発売が2018年8月に予定されているということですが、同じキャラクターのその後になるのでしょうか。

img_1500
1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy