体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Androidの公式サイトからタブレット用のタブやランディングページを削除

Google が Android の公式サイト「android.com」からタブレット用のタブやランディングページを削除したことで、Android タブレットに対する会社としての方針を転換させたのではないかと疑われています。
以前の android.com にはスマートフォンの隣にタブレットのタブがあり、Android タブレット用のランディングページもありましたが、最近になってこれが削除されタブレット用のページも大幅に減りました。
一昨年かたりから、世界的に Android タブレットの新規投入は減っており、明らかに Android タブレットの市場は衰退の一途を辿っているように見受けられます。
しかし Google はこの間に Chrome OS で Android アプリの実行を公式にサポートし、今や Android タブレットの代用品としても使用できるレベルにまで互換性も向上しています。
そして今年、ついに Chrome OS のタブレットが登場しました。
こうした Android と Chrome の変遷を見ていくと、Google は明らかにタブレットの機能や役割を Chrome OS に担わせようとしています。
今回のタブやページの削除は Google の方針転換が表面化した出来事だと受け止められます。
Chrome OS デバイスは学校や教育機関で広く普及しており、今後それを加速させていくためにタブレットとしての用途が必須だと考え Android アプリの実行や Chrome OS タブレットを投入する、そういった方向に進んでいるのだと思います。
Source : Android

■関連記事
GoProをマウントできるGPSドローン「MJX Bugs 3 Pro」が発売
Androidにネイティブの顔認証機能が実装か?AOSPへのコミットがヒントに
Galaxy Note 9は8月9日に発表されるとの噂

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。