体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2019年公開『映画刀剣乱舞』ビジュアル解禁第1弾は三日月宗近!劇中でワイヤーアクションにも挑戦

大人気コンテンツ『刀剣乱舞-ONLINE-』の初の実写化作品『映画刀剣乱舞』が2019年公開予定。本作の第1弾ビジュアルが解禁となりました。

原案は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(通称、とうらぶ)。2016年リリースのスマホアプリは500万ダウンロードを突破。TVアニメシリーズ2本、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスを成功させてきた『とうらぶ』が、いよいよ実写映画としてスクリーンに登場します。

監督には気鋭の映像クリエイター耶雲哉治さん、脚本にはアニメや特撮ドラマで活躍するカリスマ小林靖子さんが務め、“刀剣男士”のキャストには、舞台『刀剣乱舞』でも三日月宗近を演じる鈴木拡樹さんをはじめ、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優が名を連ねます。

遂に解禁となった第1弾ビジュアルでは、2.5次元舞台で圧倒的な人気を誇る鈴木拡樹さん演じる三日月宗近が、鋭い眼差しで前を見据えています。

鈴木さんは刀剣男士を演じる他の共演陣と共に、驚異的な身体能力を駆使し、殺陣やワイヤーアクションに挑戦。文字通り、撮影現場で過酷な戦いの日々を送ってきたそう。本編は撮影が終了し、現在ポストプロダクション中。実力あるスタッフを起用し、実写映画という新しい“本丸”で描かれるまったく新しい物語『映画刀剣乱舞』に注目です。

『映画刀剣乱舞』
三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦
薬研藤四郎:北村 諒
へし切長谷部:和田雅成
日本号:岩永洋昭
骨喰藤四郎:定本楓馬
不動行光:椎名鯛造
鶯丸:廣瀬智紀

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
監督:耶雲哉治 脚本:小林靖子
配給:東宝映像事業部
公式サイト:
touken-movie2019.jp

(C)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (C)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。