体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“最もセクシーな男”と東京観光に行ってきた! ライアン・レイノルズ「デッドプールがガーディアンズに参加すると……」

deadpool_main

俺ちゃんが日本にやって来た! 5月28日(月)、300人以上のファンに出迎えられてライアン・レイノルズが成田国際空港に到着。29日(火)には映画『デッドプール2』(6月1日公開)のレッドカーペットイベントに参加し、500人近く集まったファンとの交流を楽しみました。

deadpool_bus

大忙しの合間を縫って、実はしっかりと東京観光も楽しんでいたレイノルズ。このたび、その観光バスに潜入を果たしちゃいました! マジ奇跡……ッ!

車内では映画の話もたっぷりと聞いてきたので、半分プライベートな姿と共にお届けします。

deadpool_1

▲渋谷のスクランブル交差点に大興奮

「使えなかったネタはカタログが作れるほど」

――『デッドプール2』最高に楽しかったです! デッドプールがこれほど愛される存在になったのはなぜだと思いますか。

レイノルズ:デッドプールはコミックの世界でも非常にユニークなキャラクターだ。他のスーパーヒーローが言ったり、やったり出来ないことをする特権がある。ダーティな部分もあって、道徳的にも曖昧だからこそ、共感を呼ぶキャラクターになっていると思う。キャプテン・アメリカやスーパーマンとは違う。だけど今作では、昨日よりはクソ野郎じゃない存在になろうと努めていると思うよ。

――デッドプールに通じるようなユーモアのセンスはどのように身につけたのでしょうか。

レイノルズ:僕の父親がユーモアを多用する人だったんだ。彼の影響でバスター・キートン、ハロルド・ロイド、マルセル・マルソー、ジャック・ベニーといったコメディアンたちの映像をよく見ていた。その後はビル・マーレイやチェビー・チェイス、エディ・マーフィなどの真似をして不謹慎な笑いを学んだかな。僕は4人兄弟の末っ子で、よく空想して遊んでいた。ツラい時やイジメられた時は、ユーモアで切り抜ける術を使っていた。笑いで自己防衛するのは、デッドプールに通じるところがあるかもしれないね。

――前作ではアドリブの台詞でスタジオに怒られたり、カットされたりした場面があったそうですが、大ヒットを受けて今作ではより寛大になったのでは?

レイノルズ:使えなかったネタはカタログが作れるほどあるよ。実を言うとディズニーに関するブラックジョークがあったんだけど、ご存知の通りFOX買収の報道があって、ポストプロダクションの最中に全て諦めることになった。でも僕らはイースターエッグが大好きで、1回見ただけじゃ全く分からないネタもいっぱいあるはずだ。背景にも多くのネタを仕込んだよ。何度も劇場に足を運ぶか、ホームエンタテインメントで確認するか、とにかく目を凝らして探してみて欲しいな。

deadpool_2

▲ウルヴァリンも訪れた増上寺でお参り

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。