体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

定番パズル『ルービックキューブ』をリブランディング メガハウスが新製品10種を発表

定番パズル『ルービックキューブ』をリブランディング メガハウスが新製品10種を発表

メガハウスは5月29日、『ルービックキューブ』製品のリブランディングと新製品に関する発表会を開催しました。

rubik2

ハンガリーで彫刻と建築学の教授だったエルノー・ルービック氏が考案したパズルを1977年にハンガリー国内で製品化、その後1980年に世界中で発売されヒットした『ルービックキューブ』。日本国内では38年継続して販売され、その出荷数は累計1307万個にも上るのだそう。

シリーズ製品の増加、ジャスティン・ビーバーが早解きする動画や映画への露出、アパレルなどライセンス製品の販売などを背景に、実は海外では1980年以来のヒットを記録。日本でも将棋ブーム、STEM教育の観点からアナログ知育玩具が見直され、ヒットの兆候を迎えていることから、リブランディングに踏み切ったとのこと。

rubik3

具体的には、従来は製品ごとに異なっていたパッケージのデザインを、白を基調にしたデザインに統一。通常の3×3、2×2、4×4、5×5、ミニサイズ、『ルービックカラーブロックス』の6製品を統一パッケージで6月下旬に発売します。

rubik4 rubik5

新パッケージは前面が扉になった紙製ボックスで、扉を開けると本体が確認できます。

rubik6 rubik7

新製品は、10個のパーツと4個のジョイントを使ってピラミッド形に組み立てる“回らないルービックパズル”の『ルービックトライアミッド』を6月下旬に、パーツ形状と内部構造を改良し、競技用に早ぞろえに特化した『ルービックスピードキューブ』を9月に発売します。

rubik8 rubik9

このほか、リニューアル製品として、三角形のピース24個がつながり、いろいろな形を作れる『マジックスネーク』をルービックカラーにアレンジした『ルービックスネーク』、2×2×4という直方体の『ルービックタワー2×2×4』を6月下旬に発売します。

リブランディングに伴い、『ルービックキューブ』ファン29名が出演するブランドムービーを公開。子供からお年寄りまで世代を超えて楽しめるという特徴が、様々なテクニックと共に描かれています。

ルービックキューブPLAY!(YouTube)
https://youtu.be/dqAVI3T90fQ

ちなみに、新しい『ルービックキューブ』には、覚えると必ず完成できる“6面完成攻略書”が付属します。この機会に、6面を完成する方法を身に着けてみては?

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。