体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日大アメフト部所属」等の記述も…… レアル・マドリードのセルヒオ・ラモス選手の『Wikipedia』が大荒れ

ramos

5月26日(日本時間27日未明)に行われた、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ決勝。
レアル・マドリードとリヴァプールの試合は3-1でレアル・マドリードが勝利し、前人未到の三連覇を成し遂げた。

この試合で、レアル・マドリードのキャプテンであるセルヒオ・ラモス選手とリヴァプールのエースであるモハメド・サラー選手が接触し、サラー選手は負傷退場。このプレーが物議を醸し、SNSやネット掲示板、ラモス選手の日本版『Wikipedia』などが大荒れ状態となる。

現在、問題となっている日大アメフト部の騒動になぞらえ、『Wikipedia』では所属が「レアル・マドリード」ではなく「日本大学アメリカンフットボール部」に書き換えられたり、

監督にサラーを潰せと命令されたので潰した。「怪我をさせろという意味で言ってたと思う。」と試合後述べた

2018年チャンピオンリーグ決勝ではモハメド・サラーに日大アメフト部宛らの悪質タックルを食らわせた

といった記述が書き込まれては削除されるなどの編集合戦が行われていた。

ラモス選手(@SergioRamos)は、試合後『Twitter』にてサラー選手にエールを送る


また、来月に迫ったW杯の出場が危ぶまれた一方のサラー選手(@MoSalah)だが、『Twitter』にてロシアに行くことを明言していた。


※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。