体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世紀の誘拐事件を描いた『ゲティ家の身代金』史上最高の身代金“50億円”がどれくらいスゴいのか考えてみた

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3big-atm_00770_r-intl-first-look-credit-claudio-iannone

フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。『ゲティ家の身代金』が、本日5月25日より公開となりました。

atm_08675

1973年、日本をはじめ世界中を震撼させた誘拐事件。人質は【世界一の大富豪】であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世。犯人はイタリア最大の犯罪組織。大富豪ゲティがその身代金の支払いを拒否したことでも有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道されました。この事件の裏側には、誘拐犯と身代金を拒むゲティの間で戦い続けた人質の母親がいました。アビゲイル・ハリスは愛する息子の誘拐事件に直面し、ゲティに身代金の支払いの協力を求めます。しかしそれを拒否された彼女は、息子の救出のため、誘拐犯に加えて、冷酷な大富豪に立ちはだかることに…。”一般家庭の母”はいかにこの2つの強敵に立ち向かったのか?

atm_00118_r atm_01109_r

当時、世界中で話題となったこの衝撃の事件を現代のスクリーンに蘇らせたのは、『オデッセイ』、『アメリカン・ギャングスター』、『グラディエーター』、『エイリアン』など、数々の不朽の作品を世に放つ、巨匠リドリー・スコット監督。主人公ゲイルを演じるのは、『マリリン 7日間の恋』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞、アカデミー賞ノミネートを果たした実力派女優ミシェル・ウィリアムズ。世間の好機の目に晒されながらも気丈に大富豪と誘拐犯に立ち向かう強い母親を演じた。また、元CIAの交渉人チェイス役には、コミカルな役からシリアスまで幅広い演技に定評のあるマーク・ウォールバーグが名を連ねます。そして、億万長者であり狂人という、本作の裏の主人公ともいえるジャン・ポール・ゲティを演じるのは、アカデミー賞俳優、クリストファー・プラマーです。

atm_08398

この映画の元となった誘拐事件で身代金として要求された額は、約1700万ドル=約50億円。しかし、大金過ぎて私たち一般人には想像しにくい! そこで、この大金を身近なものに例えてみました。

【50億円の重さと積んだ高さとは?】
実際の50億円は、どれくらいの重さになるのだろうかというと、1万円札は1枚1.02g、1.02g×50万枚で重さは510kgとなる。大型のグランドピアノ1台とほぼ同じ重さ。100ドル札も1枚1g程なので、ほぼ同じ重さです。また、100万円の札の厚さは1㎝のため、50億円を縦に積み重ねると50m、初代ゴジラに匹敵する高さに!

【軽自動車は、何台買える?】
2017年に日本で最も売れた軽自動車は、ホンダのN-BOX。安いタイプで税込1,385,640円なので、分かりやすく1台140万円として計算すると、なんと約3570台買える計算に。1か月ごとに購入し直したとしても、約298年間それを続けることが可能で、ひ孫の代まで新車に困ることはありません。

【最高級の黒毛和牛なら、どれだけ食べられる?】
黒毛和牛最高A5ランクの値段は、一般的にカルビ1kgが9620円程。50億円あれば約50万kgも購入ができ、黒毛和牛1頭が約700kgなので、714頭分に相当。この量はステーキ300gを約167万食、55万日(1520年)も食べ続けられる量となり、なんと古墳時代の終わりから現代まで食べ続けられてしまう計算となるのです。

【東京ディズニーランドのスイートルーム何泊泊まれる?】
東京ディズニーランドホテルのウォルト・ディズニー・スイートは、1泊1人25万円。50億円あれば2万泊、54.8年間もの間泊まることが可能。義務教育を済ませてしまえば、後は一生スイートルームで生活できる、正に夢の世界。

【ゲティの総資産とは?】
これほどの身代金を要求されたゲティの総資産は幾らだったのかというと、なんと50億ドル、約1.4兆円。彼にとってみれば、毎日最高の車に乗り換え、最高の食事をし、最高の部屋に泊まり続けても何ら問題はないという異次元のお金持ちだったのです。

そんな破格の大金持ちであるゲティです、孫の身代金の支払いには首を立てに振りません。それは、彼なりの理屈や信念からの行動なのですが、主人公ゲイルも観客である私たちにしても、誰一人として、その感覚を理解することは難しいはず。彼女は、世界一の大富豪にして異次元の感覚の持ち主であるゲティから、いかにして身代金を引き出すのか? その答えは、是非劇場で。

映画『ゲティ家の身代金』
http://getty-ransom.jp

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy