体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンカー・ジャパンがAndroidOSと360°スピーカー搭載のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売

アンカー・ジャパンがAndroidOSと360°スピーカー搭載のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売

アンカー・ジャパンは5月29日、コンパクトサイズなエンターテインメント用途のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売しました。

OSにAndroid 7.1を搭載。『YouTube』や『Netflix』、『Amazon プライム・ビデオ』の映像コンテンツの再生に対応します。最大100インチの映像を100ANSIルーメンの明るさで投影し、解像度は854×480。Wi-Fi接続時には約3時間の動画再生、Bluetoothスピーカーとして使用する際は約30時間の音楽再生が可能。

nebulacapsule2

本体は350ml缶サイズで、360°スピーカーを搭載。部屋のどこにいても映像や音楽を楽しむことができます。

nebulacapsule3

HDMI入力した機器の映像、USB OTG接続した機器のファイルが再生できるほか、パソコンやスマートフォン、タブレットのミラーリングにも対応します。

昨年秋に『Indiegogo』によるクラウドファンディングで、4700人のバッカ―(支援者)から1.4億円の支援を集めた製品。Ankerでは初のスマートエンターテインメント・デバイスと位置づけています。価格は3万9800円(税込み)です。

『Anker Nebula Capsule』仕様
解像度:854×480画素
輝度:100ANSIルーメン
充電時間:約2.5時間(※Quick Charge 2.0/9V 2A入力の場合)
再生時間
動画:約4時間(ローカルコンテンツ再生時)/約3時間(Wi-Fi 利用時)
音楽:約30時間(Bluetooth スピーカーモード時)
接続:Wi-Fi/HDMI/Bluetooth4.0/microUSB/USB OTG
サイズ:約120×68×68mm
重さ:約470g
パッケージ内容:Anker Nebula Capsule、充電用アダプター、リモコン、取扱説明書

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。