体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇場版コナン公式「安室さんが、怖いです・・・」 『ゼロの執行人』がシリーズ最高興収72億円を突破

conan_movie

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の勢いが止まらない。

4月13日の公開から動員ランキング6週連続1位を獲得。累計観客動員数は550万人を突破し、興行収入は前作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』がもつこれまでのシリーズ最高成績(68.9億円)を塗り替える72億円という記録を達成した

劇場版『名探偵コナン』の『Twitter』公式アカウント(@conan_movie)は、劇中に登場するあるキャラクターのセリフを借りて「安室さんが、怖いです・・・」とツイート。

スピンオフ漫画が連載された『週刊少年サンデー』を品薄に追い込み、全国的に珍しいとされる「降谷」姓のハンコに注文が殺到するなどの社会現象を引き起こした、『名探偵コナン』に登場する人気キャラクター・安室透(降谷零/バーボン)を讃えた。

「100億円の男」誕生なるか!?

ファンの間では、劇場版シリーズ22作目『ゼロの執行人』でメインキャラクターとして登場する安室透を興行収入「100億円の男」にしようという動きが盛り上がっている。

シリーズ最高興収72億円を突破という朗報を受けてもなお、ネット上では「安室さんを100億円の男にするためにあと何回か観る予定」「100億円の男まであと28億円か」「あと28億円、頑張りましょう」などと、その人気ぶりはさらに過熱していきそうだ。

また、この大ヒットへの感謝を込めて、『ゼロの執行人』の応援執行上映の開催が決定。5月31日(木)に、札幌シネマフロンティア(北海道)、TOHOシネマズ新宿(東京)、TOHOシネマズ梅田(大阪)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、TOHOシネマズ天神(福岡)で開催される予定だ。シリーズ歴代最高の興収を達成した今、「100億円の男」の誕生に注目が集まっている。


よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。