体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ロックの日”にゴキゲンなロック(錠)を紹介するぜ 君も明日から屈強なロッカーだ!

dsc_0593

6月9日はロックの日。音楽ジャンルとしてのロック(rock)の日であり、錠をかけるロック(lock)の日でもあるのです。

そこで今回はアメリカで不動のシェアNo.1を誇る『マスターロック』ブランドから、見た目も格好良いパドロック(南京錠)やキーセーフを紹介。夏のレジャーシーズンに向けて防犯意識をバッチリ高めてくれよな!

アクセサリー使いもできるカラフルなパドロック

dsc_0798

ステンレス製ボディに焼入れ鋼製シャックルを採用した防犯性の高さはもちろん、パドロックには珍しいカラーバリエーションの豊富さが魅力の『ダイヤル式南京錠』

dsc_0823

鍵を紛失する心配がないキーレスタイプで、予め設定された3桁のダイヤル番号を合わせながら左右に回して解錠します。金庫などのダイヤルって、ちょっと憧れませんか? 手に取ってクルクルと回したくなっちゃうユニークなビジュアルです。

dsc_0512 dsc_0665

鮮やかなカラーリングにより一目で自分のロッカーが判別でき、カバンに装着すれば見た目もオシャレに。(やや重さはありますが)アクセサリーとしても活躍してくれそうです。

dsc_0468

『ワード可変式南京錠』は、5桁のアルファベット・数字・記号を組み合わせて、好きなパスワードにセットすることが可能。パスワードの組み合わせは、なんと2500万通り。

dsc_0485 dsc_0828

突起付きで回しやすいリングは、カラーをミックスしてオリジナルの組み合わせを楽しむことも可能。自分だけが分かるパスワードを考える楽しさが味わえます。

dsc_0508

そしてマスターロックの代名詞と言えるのが、『ラミネートスチール シリンダー式南京錠』。

1974年の第8回スーパーボウルの試合中継でCMを放映し、パドロックがライフルで撃たれる衝撃の映像と「TOUGH UNDER FIRE」のキャッチコピーで全米を沸かせました。

Great Super Bowl Ad – Shot Lock from Master Lock(Youtube)
https://youtu.be/-HvOhO8f0wc

日本で狙撃から守るシチュエーションは考えにくいですが、オーバースペックに越したことがないのがパドロック。

dsc_0858

頑強なラミネートスチールボディは、「銀行の金庫や戦艦と同じような構造で南京錠を作れないだろうか」という創業者の想いを反映したタフな構造で、ガジェット好きには堪らない安心のモデルです。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。