体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTubeが5月22日よりリニューアルした「YouTube Music」を開始

Google 傘下の YouTube が新しい音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を 5 月 22 日に開始すると発表しました。
YouTube Music という名前のアプリは数年前から提供されていますが、今回の YouTube Music というのはアプリ名ではなくサービス名で、単純なアプリだった頃よりもサービスの質が大きく向上しています。
単純なアプリだった頃の YouTube Music には、YouTube で配信される動画を専用アプリを通じて音声モードでも視聴できる程度の機能しかなく、通常の YouTube アプリで出来ることと大差ありませんでしたが、新しい YouTube Music は専用の音楽ライブラリを公開し、それでもって音楽ストリーミングサービスで見られるラジオ再生、プレイリスト、パーソナライズ機能など、多くの新機能を提供するだけでなく、モバイルアプリをリニューアルし、新しくデスクトップ版アプリもリリースします。
新生 YouTube Music では、アーティストの公式音源やアルバムから、ミュージックビデオ、ライブステージ映像、カバー映像も独立したカタログで提供し、一般的な音楽ストリーミングサービスと同じように使用することができます。
YouTube Music は無料で利用できますが、無料版だと広告が付き、バックグラウンド再生やオフライン保存といった機能も利用できません。
月額 $9.99 の YouTube Music Premium に加入すると、これらの制限は解除されます。
また、YouTube Premium(旧 YouTube Red)に加入すると、YouTube Music Premium と YouTube の広告無し視聴が可能になります。
残念ながら 発表の時点で日本での提供予定は明らかにされていません。
まずは海外で提供されることになります。
Source : YouTube

■関連記事
Googleアシスタント対応イヤホンで通知内容をカスタマイズする
Xiaomiのゲーマー向けスマホ「Black Shark」が輸入可能に
AmazonアシスタントがHuawei P20に統合

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。