体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Xperia XZ2』『Galaxy S9』シリーズや国内ドコモ限定『HUAWEI P20 Pro』などスマートフォン10機種+タブレット1機種を発表 ドコモ2018年夏モデル発表会レポート

『Xperia XZ2』『Galaxy S9』シリーズや国内ドコモ限定『HUAWEI P20 Pro』などスマートフォン10機種+タブレット1機種を発表 ドコモ2018年夏モデル発表会レポート

NTTドコモは5月16日、『NTTドコモ 2018夏 新サービス・新商品発表会』を開催。スマートフォン10機種とタブレット1機種、新サービスを発表しました。レポートをお届けします。

夏モデルは「ネットワーク」「カメラ」「オーディオ」の進化を訴求

発表会にはNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏が登壇。夏モデルの訴求ポイントとして「ネットワーク」「カメラ」「オーディオ」の3項目を挙げました。

docomo18summer2 docomo18summer3

ネットワークでは、3種類の周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(3CA)と、同じ周波数で通信を効率化できる256QAMにより、東名阪で受信時最大988Mbpsの高速通信を実現することを発表。5つの周波数帯を束ねる5CAにより、全国776都市で受信時最大794Mbps、さらに東名阪では送信時に最大75Mbpsの通信を実現することも併せて発表しました。夏モデルでは988Mbps通信に6機種、5CAに6機種、送信時75Mbpsに7機種のスマートフォンが対応します。

docomo18summer4

カメラでは、暗い場所での撮影、望遠、背景のぼかしといった高度な撮影機能を備えた機種を投入。『HUAWEI P20』はLeicaレンズを採用した世界初のトリプルカメラを搭載、デュアルカメラ搭載機種はスマートフォン3機種とタブレット1機種をラインアップします。

docomo18summer5

オーディオでは、サウンドに合わせて振動するバーチャルサラウンド『S-Force』への対応が『Xperia XZ2』シリーズの3機種、Dolby Atmos対応機種が4機種、デュアルスピーカー搭載機種がスマートフォン6機種とタブレット1機種となります。

高速通信対応の7機種を発表

新機種は、高速通信に対応する7機種から発表。『Xperia XZ2 Compact』は送信時最大75Mbpsに対応しますが、受信時最大988Mbps、5CAには対応していません。

docomo18summer6

まず最初に発表されたのは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の『Xperia XZ2 SO-03K』と『Xperia XZ2 Compact SO-05K』。4K HDRの動画撮影機能、サウンドに合わせて振動する『S-Force』など「新感覚のエンタメ機能」を強調。『Xperia XZ2 Compact』は幅65mmの持ちやすさを挙げ「渾身のコンパクトモデル」と位置付けました。

1 2 3 4 5 6次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。