体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

押切蓮介先生「(編集が)僕を押見修造君だと思っていたらしい」ツイートが話題に

oshikiri

現在、映画「ミスミソウ」が公開中の人気漫画家・押切蓮介先生(@rereibara)。

5月15日、『Twitter』にて


昔、依頼されて初めて会う編集と話してたら、どうもおかしいなあと・・僕を押見修造君だと思っていたらしい。「ちょ・・丁度押切先生にも依頼しようかと思っていたのですよ!」と・・。その編集とはお仕事しませんでした。で、先月押見君の対談記事が載ってる雑誌がウチに送られてきました。おい!

とツイートを行い話題となっていた。
『惡の華』や『血の轍』などの衝撃的な作品で知られる押見修造先生も人気漫画家であり、最初の「押」しか一致していないが結構間違われることはある模様。

他のユーザーから

三年くらい前ですが蔦屋書店で「『悪の華』と押切蓮介だから語れる」と書かれたPOP見たの思い出しました。

というPOPの写真ツイートを寄せられ、押切先生は


こらー! でもなんか面白い

と返信するなどしていた。

今年7月からは、押切先生の”いろいろあった”作品「ハイスコアガール」のアニメも放送が予定されており、こちらも注目である。
TVアニメ『ハイスコアガール』ティザーPV【2018年7月放送開始予定】
https://www.youtube.com/watch?v=CTzgJHsSShc[リンク]

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。