体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ランペイジ 巨獣大乱闘』超売れっ子のドウェイン・ジョンソンに聞く「一人だけの瞑想やワークアウトの時間を30分でも作るべきだ」

ram-pr-ec1-7456

ある遺伝子実験の失敗によって巨大化が止まらなくなってしまった動物たちが破壊を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルがそびえ立つ市街地で大乱闘を繰り広げる『ランペイジ 巨獣大乱闘』。いよいよ5月18日より公開となります!

今回は、本作の主人公である、霊長学者のデイビス博士を演じたドウェイン・ジョンソンのインタビューを公開。「人間よりも動物といるほうが好き」という優しい性格なのに、戦うとめっちゃ強いというキャラクターをどう演じたのか。映画のベースとなっている、ゲーム「ランペイジ」の要素はあるの? など、ドウェインの回答にご注目を!

ram-pr-ec1-7209

――『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、巨大なモンスターたちが関わる壮大なバトル・シーンのあるとてもエキサイティングな映画です。ゴジラやゼットン、キングギドラ、ガメラ、モスラといった多くの怪獣の中で特に好きなのはどれですか?

ドウェイン・ジョンソン:僕は、日本の影響が強くあるハワイで育ったんだ。だから、僕は長い間、ずっと怪獣ファンだよ。でも、僕のお気に入りはいつもゴジラだ。なぜなら、それは海からやってくるからだ。とてもミステリアスなんだ。

実は、子供の頃、僕は『ランペイジ』のビデオゲームをプレイした。それには、ゴジラみたいに見えるモンスターが出てくる。だから、僕たちの映画『ランペイジ』に出てくる遺伝子学的に強化されたクロコダイルは、ゴジラにインスパイアされている。僕たちのクロコダイルは、フットボール場のサイズになるんだ。巨大だよ!

――映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』に、ゲーム「ランペイジ」ファンが嬉しい要素はありますか?

ドウェイン・ジョンソン:ゲームのファンたちは、僕たちが彼らのためだけに映画の中に入れたイースターエッグをいくつか発見出来るよ。ビデオゲームにはとてもシンプルなストーリーラインがあるんだ。それは、ただ破壊があったり、モンスターが出てくるものだった(笑)。モンスターは、ビルによじ登って、それをつぶすんだ。時々、ビルの中に誰かがいてシャワーを浴びていたりする。モンスターはその人間をガツガツ食べるんだ! だから、人々はこのビデオゲームが大好きだ。笑わせてくれたからだよ。今作にも、そういう種類のユーモアを見つけられる。スペクタクルやアクションを経験できる上に、楽しむことが出来るし、笑うことができるんだ。

――リアルな動きで大暴れする巨獣達の動きが話題になっていますね。

ドウェイン・ジョンソン:僕たちは、世界最高のエフェクト会社の1つで、特にモンスターに関して優れているウエタ・デジタルとパートナーを組んだんだ。彼らは『ロード・オブ・ザ・リング』や『アバター』、その他すごくたくさんの素晴らしい映画を手助けした。だから、僕たちのCGIのモンスターたちは、とてつもなくリアルに見えるし、すごく驚くよ! 若者たちは、ストーリーラインや映画のハートをとても気に入ると思う。それは、僕のキャラクターと、彼の親友であるジョージという名前のしらこのゴリラとの関係を軸として展開するんだ。

――グリーンスクリーンを使った撮影で、実際に相手が見えない中で演技することは苦労しませんでしたか?

ドウェイン・ジョンソン:僕たちは、モンスターたちが僕たちと一緒にそこにいるというフリをするために、いつも気持ちを集中し続け、目線を追わないといけなかった。でも、素晴らしいセットデザインやスペシャル・エフェクト・チームがいてくれて、僕たちはラッキーだった。地面が揺れ、いろんな物が周囲で爆発しているシーンでは、僕たちはアクションのど真ん中にいるように感じられたよ。

こういう映画では、僕は必ずアドレナリンやエネルギー・レベルが常に高くあるようにした。なぜなら、もし僕が実際に怪獣を見たら、そういうふうに反応するからだよ。そのアドレナリンやエネルギー、フォーカスを、撮影している何時間もの長い間ずっと高いレベルで持続させるのは、ものすごくチャレンジングだよ。だから僕は、ずっと怖がっていないといけない恐い映画に出ている役者たちに、ものすごい尊敬の念を持っているんだ。アクションシーンをやるのはチャレンジングだけど、ずっと怖がっているのを演じることは、もう一つのチャレンジだ。そして、それはものすごく疲れることなんだ(笑)。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。