体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

耳を塞がす音楽が楽しめる! 骨伝導とは違う『wireless earcuffs(ワイヤレス イヤカフ)』は、環境に完全に溶け込む音楽という新鮮体験に感動する!

ちょっと前に流行した耳穴を塞がずに頬骨などに振動を与えて音楽を楽しむ骨伝導ヘッドフォン。それはそれですごく便利。だが音量をあげると特有の低周波治療器的な刺激になるのが不快だったり、音質的に不自然に感じる人も多かったはず。そんな中、同じく耳穴を塞がないリスニング機器『wireless earcuffs(ワイヤレス イヤカフ)』が登場。今度は一体どんな仕組みなのか。

シンプルなパッケージ。

ガッチリと耳の外縁部にくくりつけるイヤリング的な装着方法。ソニーの技術を活かしたドライバーユニットが耳穴に狙いを定め、良い音で音楽を届ける!

以前「おためし新商品ナビ」でも紹介した骨伝導ヘッドフォンは、耳穴を塞がずに環境音を聴きながら会話もでき、自転車やバイクでのツーリング時にも危険が回避できるということでかなり話題となった。

その仕組みは頬骨などの骨部分に振動を与えることによって、鼓膜を経由せずに脳に音楽を届けるという仕組みが画期的だった。人混みで周囲が騒がしくても聞こえる不思議体験。そもそも戦火の爆音で鼓膜がいかれた状態でも通信できることから軍事的に使用されていたものでもあったので、その機能性は保証付。ただ実際に使ってみるとわかるのだが、音質的には音楽を聴くというより、やはり電話などのヘッドセット向きの製品である。

というのも人間は長いこと鼓膜振動で音楽を聴くのになれているから。低音なども出にくく、音量を上げすぎると不快な刺激に感じてしまうということで、音楽を聴くという点では骨伝導はいささか不利な部分があった。

これが、骨伝導スピーカー!

そこで新発想のながら聴き特価型リスニング機器が、この製品を世に送り出すために生まれたベンチャー企業・ambie株式会社(東京都港区)の『wireless earcuffs(ワイヤレス イヤカフ)』(全6色・5.2g・希望小売価格 税抜12,000円・2018年4月5日発売)である。

すでに有線タイプでリリースしていた「sound earcuffs」を、ユーザーの要望によりワイヤレス化(Bluetoothに接続)に対応した製品である。

スマホ、アイコスなどでおなじみのMicro USBでフル充電することで、連続約6時間の再生が可能。軽量なので重さも気にならず、何より鼓膜に音を届けてくれるというから、音楽を聴くのに適した製品なのではないか。そんな期待を胸に抱きながら試用してみた。

 

 

自然に音楽が環境に溶け込むが環境音も同時に聞こえる新体験。もうレジで話しかけられて、慌ててイヤホンを外す必要はない!?

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。