体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思春期の女の子を持つママにオススメ! ユニ・チャームから『ソフィ はじめての生理日管理アプリ』が登場

生理用品の『ソフィ』ブランドで知られるユニ・チャームから『ソフィ 母娘で簡単! はじめての生理日管理アプリ』が登場。生理に不慣れな思春期の女の子と、そのママを応援するアプリに仕上がっている。

 

心配性のママでも安心して娘にインストールさせられる『ソフィ』生理日管理アプリ

生理用品トップメーカーとして、様々な社会貢献活動を行うユニ・チャーム株式会社(東京都港区)。これまでも小学5~6年生を対象にした初潮教育の教材を作成して学校へ無償配布を行い、専門サイト「ソフィ はじめてからだナビ」を 通じて、生理やからだに関する情報の提供を積極的に行ってきた。

すべての女の子のために・・・初経教育のサイトやYoutube動画を公開中なのです。

そんな同社が、2018 年 3月 30 日より App Store と Google Play で無料配信しているのが、初潮を迎えたばかりの女の子の生理周期を把握し、適切にサポートできる『ソフィ 母娘で簡単!はじめての生理日管理アプリ』だ。うさぎのキャラと淡いピンク色がかわいいアプリは、心配性のママでも安心して娘にインストールをすすめられる内容になっている。

かわいいアプリ!

学校での初潮教育は必ずしも本人のタイミングと一致するとは限らず、いざというときにあまり役に立たないことが多いらしい。同社によれば、女子中高生の約 80%が生理中のモレに不安を抱えており、そのうち約半数は誰にも相談ができていないという実態があるそうだ。また中高生の娘を持つ母親の 98%が、生理中の娘の学校での過ごし方が「気になる」と回答している。

娘へ、親が安心してすすめられる内容。

とはいえ、母と娘と言えども改まって話すとなると緊張してしまい、なかなか上手く伝えられないことも多い。そんな声を受けて、東京都済生会中央病院産婦人科西山紘子先生の監修のもとユニ・チャームが開発したのが、『はじめての生理日管理アプリ』というわけだ。。「大事なことだから、ママの勧めるこのアプリ、入れておいてね」。こんな風にさりげなく伝えておけば、スマホ世代の子どもたちなら、自分のペースでおのずとアプリから情報収集できるので、余計な不安を抱えずに済むこと請け合いだ。

 

伝えにくいこともボタン一つでやりとりできる便利なメッセンジャー機能

記者が触ってみて、とても感心したのはメッセンジャー機能だ。日ごろから「LINE」で頻繁にやりとりしているという親子でも、デリケートな話題はなかなか会話に挟みにくいもの。その点このアプリなら、ボタン一つで「生理が来た?」「生理が終わった」など、直接伝えにくいこともアプリを通じて会話することができるうえ、気になることがあればそのままチャット形式で母親からアドバイスを送ることも可能。さらに「ソフィ はじめてからだナビ」と連携しているので、人に聞きにくい生理に関する悩みを解決するヒントも簡単に入手できるのだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。