体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界40か国の男性と付き合った女性が選んだ結婚相手とは? 「世界一豪快な婚活」に反響続々

couple

5月7日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に、世界中を渡り歩いて40か国の男性と付き合った経験を持つ日本人女性が登場。そのバイタリティあふれる恋愛事情と意外な結末が反響を呼んでいます。

婚活モンスターの誕生秘話がスゴい

「世界一豪快な婚活をした女性」として番組に登場したのは、現在46歳のワタナベさん。

慶応義塾大学を卒業後に外資系企業に勤めていた彼女は、24歳の時に最愛の彼との婚約が解消となり人生が一変。傷心中に六本木の路上スカウトマンに声をかけられ、何やかんやあってタイのビーチでグラビア撮影に参加することに。撮影2日目の夜、男がオオカミに豹変し、「やらせないなら出てけ」とスーツケースを投げつけられる修羅場を経験します。

1か月の滞在予定にもかかわらず暇になってしまった彼女は、タイの有名リゾート地であるピピ島へ赴くことに。そこで腹筋バキバキのタイ人・ブンソップさんと出会い、初めて外国人の男性と付き合うことになりました。行きの道中でパスポートを盗まれどん底に突き落とされた彼女は、超人気リゾート地の美しい夕焼けと、ブンソップさんバキバキの腹筋に「人生を変えてもいいってくらいの衝撃」を受けたといいます。

結婚も考えていた二人ですが、宗教上の理由から割礼を求められたワタナベさんは、帰国を機に別れることに。その時にブンソップさんが放った一言が彼女の人生を激変させます。

「あなたには世界一幸せになってほしい。世界一幸せになるには、世界一の男と一緒になる事だ」

この言葉を聞いたワタナベさんは、婚活モンスターとして世界中を渡り歩く決意を固めました。

世界中の男たちと付き合った末に……

その後、5年間で40か国の男性と付き合ったというワタナベさん。カリブ海ではマフィアのボス(ドミニカ共和国)、聖職者(ハイチ)、航空会社の社長(ホンジュラス)など。ヨーロッパでは俳優(ドイツ)、パイロット(イタリア)などと次々に付き合うも、世界一の男性は見つからず。その旅は意外なカタチでクライマックスを迎えます。

日本に帰国した彼女は30歳の時、ついに運命の男性とゴールインを果たします。その相手はまさかの日本人。純度100%の九州男児。世界40か国の男性と付き合った旅について取材に来たインタビュアーから「外国人の方が魅力的なんですか? 僕じゃダメですか?」とプロポーズされたそうです。

世界一の男性を求めて各国を巡った婚活物語、そのまさかの結末に、ネット上では「バイタリティがパンパない」「幸せを掴むってこういうことか」「まじですごいモテる人なんだろうな」「久々に飲む味噌汁は美味いよなw」などと反響を呼んでいる模様です。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。