体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人の色気がヤバイ! 玉木宏にジーッと見つめられる『ラブ×ドック』劇中映像

『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむ氏による、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が5月11日(金)より全国公開となります。

映画・ドラマ・CM・舞台で引っ張りだこの女優・吉田羊が映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】を舞台に、”仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、”大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブコメディです。

【ストーリー】
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥(吉田羊)。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、何度も失敗を重ねてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子(広末涼子)が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?妻がいる大人のカレ・淡井(吉田鋼太郎)、15歳も年の離れた年下のカレ・星矢(野村周平)、親友の千種(大久保佳代子)が想いを寄せる同世代のカレ・野村(玉木宏)。年齢も性格も全く異なる3人の男性と出会い、心が揺れるアラフォー崖っぷちの飛鳥の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか―?

そんな本作からこの度、玉木さん演じる野村が飛鳥を微笑みながらジッと見つめる“脈ありサイン”を捉えた(?!)劇中映像が公開! タンクトップ姿の玉木さんを存分に愛でましょう!

【動画】映画『ラブ×ドック』玉木宏に”見つめられる”劇中映像
https://www.youtube.com/watch?v=NXRFiTl8a50

千種に連れられてやってきたジムで、飛鳥が初めて野村と出会うシーンを切り取った本映像。微笑みながらじっと自分の顔を見つめてくる野村に、ひょっとして私に気があるのかも……と”脈ありサイン”を感じ取る飛鳥。しかし映像の最後では、「剛田さん、結構骨盤ズレてますね」という冷静な指摘を放つ野村に、思わず拍子抜けしてしまう飛鳥の姿が映し出されており、コミカルな映像に仕上がっています。

近年、年を重ねるごとに女性たちから「大人の色気がスゴイ」と度々話題を集めている玉木さんですが、本作ではジムトレーナーという役どころもあり、鍛え上げられた肉体美を余すことなく披露! これまでにない”フェロモン”を漂わせる玉木から優しく見つめられ、<脈ありサイン>を疑似体験できる本映像は、女性ならば目の保養になること間違いなし?!

そんな玉木演じる野村を始め、時折垣間見せる弱い部分に、”放っておけない魅力”を感じさせる淡井や、まっすぐに想いを伝えてくれる、”とにかくピュア”な星矢など、タイプの異なる3人の男性にドキドキさせられるシーンが満載の映画『ラブ×ドック』。あなたはどのタイプがお好き?

(C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。