体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OculusがスタンドアロンVRヘッドセット『Oculus Go』を国内向けにも発売 価格は2万3800円から

OculusがスタンドアロンVRヘッドセット『Oculus Go』を国内向けにも発売 価格は2万3800円から

Oculusは米国時間の5月1日、スタンドアロンVRヘッドセット『Oculus Go』を発表。日本国内向けにも販売を開始しました。

『Oculus Go』は、スマートフォンを装着したりパソコンを接続することなくスタンドアロンで利用できるVRヘッドセット。CPUにSnapdragon 821、538ppiで5.5インチの2560×1440 WQHDディスプレーを搭載。内蔵バッテリー容量は不明ですが、ゲームで2時間、映像のストリーミング再生で2時間半の動作が可能とのこと。2ボタンとトリガー、タッチパッドを搭載する専用コントローラーが付属します。

oculusgo2

内蔵メモリーが32GBのモデルと64GBのモデルをラインアップし、価格は32GBモデルが2万3800円、64GBモデルが2万9800円。ACアダプターは別売り。

Oculus Go | Oculus
https://www.oculus.com/go/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。