体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エレキがなかったら、現在のポップスは存在しなかった? 濃すぎるエレキ・ギターの歴史本に、なぎら健壱もノックアウト!

僕たちが愛してやまないエレキ・ギターは、
一体いつ頃、どのようにして生まれ、
進化を遂げてきたのか?

このたび発売された『エレクトリック・ギター革命史』(リットーミュージック刊)には、その130年の歩みが史実に基づいて克明に記されています。そして、全544ページにわたる本書を読めば、エレキ・ギターがいかにアメリカの音楽の発展に密接していたのかを実感するはずです。待望だった電子版の発売を記念し、フォーク・シンガーであり、カメラ、自転車、落語など、幅広い趣味を持つなぎら健壱さんに、担当編集の坂口が本書の読みどころを聞いてきました。

今まで、ここまで長いギターの歴史を書いた人はいないんじゃないかな。

坂口 僕が担当したこの本、インプレス(リットーミュージックはインプレスグループの一員です!)のスタッフから「なぎらさんが興味を持っている」という情報をキャッチしまして……。

なぎら そうそう。面白そうな本だと思ったから、「社販でいくらになるの?」って聞いたの(笑)。

坂口 ありがとうございます(笑)。僕は以前『ギター・マガジン』の編集部にいたので、ギターの歴史にはそこそこ詳しいという自負があったのですが、この『エレクトリック・ギター革命史』(原題はPlay It Loud)は新発見がとても多かったんです。面白いことがいっぱい書いてあるのに、これを広めないのはもったいない! と思いまして、今回なぎらさんにお話を伺いにきました。

なぎら まず目次に目を通したときに、ロック的なものだけではなく、チャーリー・クリスチャンやレス・ポール、ボブ・ディランのことまで全部入っていた。そこを見たときに、これは面白そうだから全部読んでみようかなという気持ちになったんです。同時に、今までここまで長いギターの歴史を書いた人はいないんじゃないかなと。スパニッシュ・ギター(抱えて弾く通常のギター・スタイル)がハワイアン・スチール(膝に乗せて弾くスタイル)から来ているのも知らなかったし、へーっと思うことも多かった。もちろんギブソンやフェンダーは知っているんだけども、どのメーカーが最初にやり始めたのかはよく知らなかったし。これを読んだときに、へーそうだったんだーって驚きは多かったですよね。

坂口 なぎらさんはアコースティック・ギターのイメージが強いですけど、エレキ・ギターもいろいろな種類を集められていたりするのでしょうか?

なぎら ない(笑)。エレキは2、3台しかない。僕はステージでエレキは弾かないから、必要に応じてのものだけしか持ってないんですけど、「エレキやっておけば良かったかなー」って思うことはありますよ。当然歌をやっているから興味がないわけではない。

坂口 エレキの歴史は、リッケンバッカーやナショナルを立ち上げたジョージ・ビーチャムらが、リゾネーター・ギターを開発したことが発端となるわけですが、1920年代当時の悪名高き大資産家、テッド・E・クラインメイヤー(夜な夜なパーティーを開催して乱痴気騒ぎをしていたらしい)という人物が、ギター開発のために出資していたという話は、なかなかドラマチックでしたよね。そもそもエレキ・ギターの歴史は、アコースティックの音をもっと大きくしようという中で成り立ってきたと言われていますが。

なぎら そもそも、エレキはそんな必要にかられてではなかったと思うんですよ。それより実験的なものだった。最初は、音の大きさ云々というより、それを使ってみたい=新しいものに挑戦してみたい、という姿勢だったと思うんです。そもそも“ギター”は人間が生きる営みには必要ないかもしれない。“音楽”は必要かもしれないけど。いわゆる冷蔵庫や洗濯機とは違いますよね。そういうのって、平和な時代にしか生まれてこないんですよ。真剣に自動車を発明して、というのとはまた違って、あくまで趣味の延長なんだよという作り方に余裕が見えたんです。それがやっぱり面白いなって。

「エレクトリック・ギターは資本主義の象徴だ。彼らは裏切り者だ」は言い得て妙

坂口 なぎらさんの本にはたくさんの付箋が貼られていますが、どういったところに目印を付けたのですか?

なぎら まずレス・ポールですね。こんなにレス・ポールがエレキ・ギターに対して偉大な力を与えたとは知らなかったですね。我々はエレキありきのレス・ポールかと思ってたら、違った。レス・ポールありきのエレキだった。あとは、マール・トラヴィス。マール・トラヴィスの影響で、チェット・アトキンスが登場し、チャック・ベリーにつながって、ビートルズに……。そうやって世界的に認知されていって、ボブ・ディランがエレキに持ち替えた。本では、その際のコメントとして「エレクトリック・ギターは資本主義の象徴だ。彼らは裏切り者だ」(本書P.312より引用)とある。これが、とても言い得て妙だなと。これが日本ではエレキが不良と呼ばれた所以なんじゃないかな。

坂口 外国から見たエレキ・ギター史と日本から見たエレキ・ギター史の違いも興味深いですよね。日本だと、圧倒的にジミ・ヘンドリックスがナンバーワンにあるけど、この本の中では「ボブ・ディランがエレキを持ち、その横でギターを弾いていたマイク・ブルームフィールド」の部分に、すごい熱量を感じます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。