体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

書籍検索をAIが手助け! 文脈で探し出せるGoogleの「Talk to Books」がスゴイ

Googleの進化が止まらない。

キーワードを入力すれば、関連するWebページや写真、動画を一覧表示してくれるのはもう当たり前。次に向かうのは人工知能(AI)を活用した、文脈による書籍検索のようだ。

・10万冊の中から案内

Googleが現在実験しているのが「Talk to Books」。これはGoogle booksの10万冊を、キーワードではなく文章で検索できるというもの。

たとえば、「What is fun about computer programing?(コンピュータープログラミングの楽しさとは)」と書いて検索をかけると、そうした内容を含む本を探し出してくれるのだ。

コンピューターについてでも、プログラミングについてでもなく、コンピュータープログラミングがいかに楽しいか、どんなことが楽しいかが書かれた本を、あっという間に案内してもらえる。

・書籍を網羅した“賢い店員”

この検索の肝となるのがAIで、入力された文章を理解する。ユーザーがどんな内容の本を求めているのかを文脈の中で正確にとらえることができるのだ。

なので、書店で店員に「こんな感じの本を探しているんですけど」と尋ねるような感覚で利用できる。実際のところ、人が10万冊の内容を把握するのは難しく、この検索機能は店員以上の働きをすることになる。

Googleは、この文章検索を利用できるページを公開しているので、興味がある人は試してみてはどうだろう。ただし、サイトは英語のみの対応となっている。

Talk to Books

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。