体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お弁当だけじゃなく“おつまみ”にも最適『国産鶏 鶏つくね串』!!ワンランクアップのお手軽アレンジもおすすめ

“お弁当”というイメージの強い冷凍食品だが、実は“おつまみ”や“おかず”としても超優秀。『国産鶏 鶏つくね串』は“チン”するだけであっという間に一品として活躍してくれる、お助けアイテムなのだ。

自然解凍orレンジでチン!で簡単調理

ケイエス冷凍食品株式会社(大阪府泉佐野市)『国産鶏 鶏つくね串』(22g×6本・実勢価格300円前後)は、国産の鶏肉&ねぎを使ったつくねを照り焼きにした逸品。

もちろん、製造も日本国内。最近は国内メーカーでも国外製造の冷凍食品を良く目にするが、やはり国内で造られている製品は安心感が全然違う。

パッケージを開けると、2つずつ串に刺さった鶏つくねが6本。お団子のようでかわいらしく、お弁当に入れれば華やかさが格段にアップする。

 

しかも自然解凍可(室温20℃・約2時間)だから、そのままお弁当箱にポンと入れるだけでOK!1分1秒が惜しい朝、これは本当にありがたい。

おかずやおつまみとして、すぐに食べたいときの調理方法もとっても簡単。作り方…というほどでもなく、食べたい分のトレーを切り離し、電子レンジで温めるだけ。ラップすらしなくていいという手軽さだ。

トレーは2本ずつに分かれているので、偶数に分けて食べるのが便利。ハサミでトレーをカットすれば、1本ずつ調理することもできる。

温めが完了したところで、さっそく一口。甘辛タレが染みた、期待を裏切らないおいしさ。ふんわり食感の鶏つくねは、香ばしさもあって本格的。しょうがが効いていて、これは美味!お箸を使わず手軽に食べられるから、おつまみにもぴったりだ。

アレンジレシピでワンランクアップ!

続いて、同社サイトに掲載されているアレンジメニュー「つくね串の黄身おろしタレ」に挑戦。とはいえこれまた簡単レシピで、水気を切った大根おろしと卵黄を混ぜた“黄身おろしタレ”を、『国産鶏 鶏つくね串』にからめるだけ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。