体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本人志『ドキュメンタル』シーズン5が配信スタート! 千原ジュニア・ケンコバ・ロバート秋山ら出演

20180420015939-696524557c7acd72baff6e5843072d99ebd774f7

4月20日、動画配信サービスAmazon Prime Videoで人気お笑い番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』の最新作、シーズン5の見放題独占配信がスタートした。毎週金曜日に1話ずつ更新され全5話構成となる。

同シリーズは松本人志さんのアイデアで誕生し、シーズン1が2017年上半期『日本Amazonランキング大賞』プライム・ビデオ総合部門1位を獲得した人気番組。

毎回10人の芸人が参加費100万円を支払って参加し、地上波ではとうてい放送できない過激なバトルを経て、最後まで笑わなかった者が賞金1000万円を勝ち取るという“密室笑わせ合いサバイバル番組”

今回もMCの松本さんの他、ジミー大西さん、千原ジュニアさん、ケンドーコバヤシさん、陣内智則さん、たむらけんじさん、ハリウッドザコシショウさん、サバンナ高橋さん、ロバート秋山さん、狩野英孝さん、かまいたち山内さんら10人が出演する。

20180420014653-4a1bed6cf5664c849a1b3fd5abc05f64125f83e1

「ただただスベってるって感じちゃうと滅入ってくると思うので、”大丈夫、ウケてるけど、みんな我慢してるだけだ”と思い込んで挑みたいと思います。」(千原ジュニア)

「とにかく準備してきたネタを全部出し切りたい。今回で参加するのが3回目となるので、そろそろ優勝したいです。」(ロバート秋山)

「みんなを笑かして、ちゃんと面白いやつと思われながら賞金もゲットすることだけを考えています!」(かまいたち山内)

と出演者のみなさんは意気込み十分。

果たしてどんな闘いになるのか、最終回まで目が離せない。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』

放送媒体:Amazon Prime Video
番組サイト:https://www.amazon.co.jp/adlp/documental
月額費用:400円
※30日間の無料体験キャンペーン中

※画像は吉本興業公式サイトより引用

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。