体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自殺現場に6回も遭遇してしまった裏社会ライターの告白

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト兼裏社会ライターの丸野裕行でっす!

ライター歴がもうそろそろ18年目に突入しようとしている私なんですが、危ない現場になぜか遭遇してしまうという特技があるんですよね。
なんといいますか、そういうことを引き寄せてしまうとでもいいますか……。ちょっと説明は難しいんですが、私、実は人が死んでしまう、自らの命を絶ってしまう現場に6回も遭遇しているんです。

今回は、私が遭遇してしまった自殺の現場の話をお話したいと思います!

バイト先裏の団地が自殺の名所

初めて自殺現場に遭遇したのは、クエンティン・タランティーノに憧れてレンタルビデオ屋で働いていた頃です。

治安のあまりよろしくない京都の某区内で毎日映画に囲まれ、脚本家を目指しながら幸せな日々を送っていました。しかし、それが起きたのは忘れもしない、店が暇な水曜日の午後12時32分。
急に店の裏の方から「ドサッ!!!!!」という地響きにも似た大きな音が聞こえてきました。

僕が同僚に店を任せ、裏手にあるヤクザ覚せい剤中毒者低所得者層が多いと言われる団地に向かうと、地面に突っ伏したご遺体が……。図体がでかく見覚えのある風体。近づいてみてみると、カチ割れたザクロのような頭部。

何を話しているかわからないシンナー中毒者で、店にやってきては、なぜか同じチャールズ・ブロンソンのビデオを借りていたお客さんでした。

そこからは堰(せき)を切ったように自殺現場に遭遇し続けていきます。

一人暮らししたマンションでホステス女が飛び降り

2度目の遭遇は、バイトを辞め、小説を書きながら大阪でバーテンダーをやっていたとき。

繁華街近くの1LDKのマンションにひとり暮らしをすることになったんですが、かなりホームレスが多くて、そこも治安が良くない地域でしたね。

そのマンション、ホステスやキャバクラ嬢、風俗嬢の寮にも使われていたようで、毎日、夜の営みの音や男と揉めている怒鳴り声、奇声がかなり聞こえてきて、正直「ヤバいところに引っ越してきたなぁ~」って思ってたんですよ。

深夜、家に帰って缶ビール飲みながら酒のアテをつくっていると、自分が住んでいる2階のベランダの手すりに「ゴォビィィン!!!」という衝撃音が!

異変に気づいて、外に出たときには、手すりと柵がひん曲がって、階下にはバッグを肩にかけた女性の遺体が……。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。