体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鶴見線の秘境駅探訪。出られない「海芝浦駅」、猫が集う「扇町駅」へ!

鶴見線の秘境駅探訪。出られない「海芝浦駅」、猫が集う「扇町駅」へ!

はじめまして、ダーリンハニー吉川正洋です。2歳のころから鉄道が大好きで、今では日本全国に乗りに行っています。そんな私がご紹介したい路線はこちら。

みなさまは、ご存じですか、鶴見線。

さらっと五・七・五のリズムで書いてみましたが、鶴見線は鉄道ファンには超がつくほど有名な路線です。タモリ電車クラブ仲間の土屋礼央さんは「今日はロケの前に鶴見線に乗って気分を落ち着かせてきた」と言っていたことがありましたが、その気持ちよくわかります。

「つ、鶴見線? 一体どこを走っているの?」という方は、こちらをご覧ください。
鶴見線 路線図

路線図だ、ここにあります、鶴見線

川崎付近でごちゃごちゃっとしている路線、それが鶴見線です。
今回はこの鶴見線に加え、船上で工場夜景を楽しみ、最後は横浜で飲んじゃおうという“乗り鉄”&“呑み鉄”にはたまらないツアーを計画しました。まずは鶴見駅へ出発!!

昭和にタイムスリップできる路線

鶴見線のいいところ、それは“アクセスがいい!”。起点となるJR鶴見駅へは、JR品川駅から約20分、JR新横浜駅からも約23分あれば着いてしまいます。“なのにローカル線っぽい!”ところが素敵です。「イケメンなのにスキップが下手」みたいなギャップが鶴見線にはあります。
アクセスはいいけれど、本数は少ないです。まさにギャップのオンパレード。それが鶴見線のいいところ!

鶴見線は
本線(JR鶴見駅~JR扇町駅間)
大川支線(JR安善駅~JR大川駅間)
海芝浦支線(JR浅野駅~JR海芝浦間)

の3つの路線で構成されています。終点が3つあるわけですが、「大川駅行き」は朝と夕方しか走っていません。また本線のJR浜川崎駅止まりの電車もけっこうあります。
ですから「全線制覇したい!」「駅で2時間待ちはいやだ!」という方は、あらかじめ行程をビシッと組んで行きましょう。

今回の行程表
鶴見線

鶴見駅から出発!

鶴見駅から走りだしたのは205系という電車。2分ほどで次の「JR国道(こくどう)駅」が見えてきました。乗車したばかりですが、降りましょう!
国道駅 高架下

昭和の駅まるだし
やきとり国道下 看板

ここで一杯やりたいです

高架下は、まだ昭和が続いているようなムードで、ここだけ時の流れが止まっているかのようです。

鶴見線の本線、国道駅~浜川崎駅へ

国道駅に戻り、再び鶴見線に揺られます。次の降車駅は、南武支線との接続駅となる浜川崎駅です。
浜川崎駅 ホーム

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。