体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちゃんこ鍋ランチを1000円で! 相撲部屋直伝の味が堪能できる下町グルメ

ちゃんこ鍋ランチを1000円で! 相撲部屋直伝の味が堪能できる下町グルメ
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー『7-ELEVEN LUNCH HUNTER』。4月16日(月)の週はGWにもおすすめの東京下町グルメを特集しています。16日のオンエアでは、十両二枚目の現役力士・安美錦 竜児関の後援会が立ち上げた店で、1000円でちゃんこ鍋のランチがいただける「ちゃんこダイニング安美 横綱横丁本店」を紹介しました。

推薦してくれたのは、グルメ料理人としてメディアで活動しているクック井上。さん。お店は両国駅から歩いてすぐのところにあり、伊勢ヶ濱部屋直伝のちゃんこが食べられます。店内にはさまざまな力士の写真や手形がズラリ。

ランチで提供される横綱ちゃんこ鍋は、一人前の鍋で提供されます。定番の3種類のちゃんこ鍋を全部一つの鍋に入れることによって、豪華さが醸し出されています。

お店のスタッフは「つみれは鶏といわしの2種類。肉は鶏、豚、牛の3種類あって、海鮮は鮭、タラ、金目鯛、ホタテが入っていています。そのほか、白菜、キャベツ、もやし、ごぼう、えのき、しいたけ、長ネギ、ニラ、油揚げ、豆腐が一つの鍋に入っています」と教えてくれました。

魚介類は、毎朝築地から仕入れています。照りがよく、切り身も大きく、ホタテも臭みがなくて、プリプリ。全ての具材が合わさり、いい味の出汁が染み出ています。

出汁のレシピは伊勢ヶ濱部屋直伝ですが、さらに良いものにするために、試作を重ねて今の味になったそう。魚介の旨味も、つみれから出る出汁も、肉から出る脂身部分の旨味など、色々なものが一つになって出てくるため、お得でおいしくなるというわけです。

「具材のひとつひとつがおいしくないと、おいしい出汁にならないので、まずは具材からこだわっています」とのことでした。

ちゃんこは、醤油味と味噌味の2種類から味が選べます。魚、肉、締めのうどんや雑炊なども追加トッピングできます。ぜひ、チェックしてみてください。

次回17日(火)は、下町の古きよき洋食屋のランチを紹介します。放送は11時45分頃からです。『STEP ONE』では、クロスバイク、ヘッドホンのプレゼントもありますよ。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。