体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目はフライドポテトみたい!? 『ドーナツ・フライ』をダンキンドーナツがテスト販売

日本人の食生活やライフスタイルとドーナツという食べ物はなかなか上手くかみ合わないようで、クリスピー・クリーム・ドーナツの事業規模縮小やコンビニドーナツの不振など、景気の良い話よりも悪い話のほうを耳にすることが多い気がします。ダンキンドーナツもいつのまにか日本市場から撤退していました。


Michelleleeさん(@ms_cadaver)がシェアした投稿 – 2018年 3月月28日午後1時14分PDT

そのダンキンドーナツがアメリカで、見た目はまるでフライドポテトな『ドーナツ・フライ』を売り始めて話題になっています。2ドル(約213円)均一のスナックメニューの一つとして、ボストン市内の3店舗限定でテスト販売中です。

The great Dunkin’ Donuts snacks taste test
https://www.bostonglobe.com/lifestyle/food-dining/2018/04/10/what-are-dunkin-new-treats-like-decided-bite-donut-fries/sxc6q9vJSJlD4kBAVTSLLP/story.html

早速試食したボストン・グローブのJanelle Nanos氏によると、『ドーナツ・フライ』は「チュロスのようだけど違う」そうです。

ダンキンドーナツに限らず、外食チェーンはSNSを強く意識したネーミングや見た目のインパクト重視の商品開発が最近は盛んなようです。”ドーナツ・フライ”もとりあえず話題が先行していますが、今後正式メニューとして全米の店舗で売り出されるのか、それとも没メニューとなるか気になるところです。

※画像:
https://www.instagram.com/p/BfyGNzknirA/?taken-by=jaycally

※ソース:
https://www.bostonglobe.com/lifestyle/food-dining/2018/04/10/what-are-dunkin-new-treats-like-decided-bite-donut-fries/sxc6q9vJSJlD4kBAVTSLLP/story.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。