体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐藤秀峰の「BOOKSCANに行ってみた」

「第3回ネーム大賞」の募集を終え、早速「第4回ネーム大賞」への作品を募集している電子書籍サイト『漫画onWeb』!!
げんきんなサイトです!!みなさま、どうぞよろしくお願いします。

今回は、漫画家・佐藤秀峰がBOOKSCANさんにお邪魔した際の、
インタビューまとめ日記を公開です!! どうぞ〜♪

(自炊代行ドットコムさんにお邪魔した回は、こちら

* * * * *

さて、1ヶ月ほど前のお話しになりますが、蔵書の電子書籍化サービスでお馴染みのBOOKSCAN(ブックスキャン)さんにお邪魔してまいりましたよ。

紙の本をスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る作業を代行する、いわゆる「自炊代行業」ですが、出版、漫画業界では著作権侵害の恐れがあるとして、かねてより問題視がなされておりました。

本日付けのニュースでは、東野圭吾さんら作家7人がスキャン行為の差し止めを求めていた自炊代行差し止め訴訟において、被告2社のうち川崎市の業者が27日、請求を認める「認諾」を表明したことが伝えられています。

スキャン差し止め請求受け入れ…自炊代行1社(YOMIURI ONLINE)

と、そんなタイミングではありますが、法律論ばかりを振りかざす前にまずは現場を知ろうじゃないかということで、本日はBOOKSCANさんからの現場レポートをお届けします。

前回の「自炊代行ドットコム」さんへのインタビューに続いて取材(?)第2弾となります。
BOOKSCANさんは、1冊100円で書籍を裁断し、スキャナで読み取りデータ化するサービスを行なっており、日本だけでなく、アメリカ、韓国でも事業を展開している国際的な企業です。

いわゆる自炊代行業界では業界最大手となります。

依頼を受けた書籍はデータ化の後、原本が再流通しないように溶解処理をするという徹底ぶりで、出版社や著者への配慮はもちろん、OCRオプション(透明テキスト)を追加注文すると、例えば数千冊の本の中から目的のフレーズを検索可能にできるサービスまであります。

さらには、特許取得サービスのBOOKSCANチューニングラボでは、納品後のデータを使用する端末に合わせて最適化することまでできるのです。

これは他にないサービスですね。
詳しいサービス内容をお知りになりたい方は、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

* * * * *

さて、オフィスにお邪魔して、まずは注文を受けてから納品までのフローをご説明いただきました。

ご説明してくださったのは、社長の岩松さん、取締役の藤田さん、大木さん。

畏れ多いですな〜〜。

何でもお三方は幼稚園、小学生の頃からの幼なじみなのだそうですよ。
データ化の注文はホームページに会員登録(無料)してもらいマイページから、本が到着したら裁断、スキャン、納品、廃棄と、ごく一般的な代行サービスと変わらない物ですが…、どうも何かが違います。

フローが異常に細かい……。

作業工程が細分化されており、関わる人の数がとても多いのです。

書籍の到着から受付、到着確認、ラック収納、納期の予定組、作業開始報告、裁断、スキャン、冊数確認、全ページチェック、再スキャン、サーバへアップロード、承認確認、承認、納品、廃棄と、1冊の本がデータ化されるまで少なくとも7名が関わるそうです。

社員はアルバイトを含め約200名。

東京本社に加え、大分県の作業所と提携しているそうです。

作業はすべて専用サイトで管理されており、作業員全員にマイヘページが割り当てられ、作業の進歩状況が自動でグラフ化され一目で分かる仕組みになっています。

社員同士で交流できる社内SNSまでありました。

以前はチェックシートを作成し、それと照らし合わせながら作業をしていたそうですが、ミスがある度にチェックシートを調べ直す手間がかかるため、現在は完全にデジタルでの管理に移行しているそうです。

うーんと…、なんかすごいぞ…。

2010年に事業を開始されたと聞いていましたが、「この管理サイトを作るだけでも2年くらいかかるんじゃないの?」という充実ぶりです。

お見せできないのが残念。

アルバイト社員を含む社員全員にiPadが支給され、情報を共有しているそうです。

こちらは廃棄前の書籍の保管所。(*画像を加工してあります)

1 2 3次のページ
ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。