体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お話ってどんなことをお話したらいいの?」幼妻にコミュ術をレクチャー! 妻同士の対面で語られた注目の内容…… ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ホームシックで帰りたい!でもなかなか里帰りできない理由

さて、昨年皇太子妃になったちい姫こと明石の女御は、ずっと実家に帰ってきていませんでした。入内してから約1年。皇太子のお気に入りで、里帰りの許可が下りなかったのです。

気苦労も多く、慣れない宮中暮らしで彼女はホームシックにかかり、「お家に帰りたい、お父さまお母さまが恋しい」と辛がってばかり。しっかりしているとはいえ、12歳くらいの子が初めて親元を離れて生活していたのですから、無理もありません。

辛い苦しいと思っていた夏頃、ついに女御は体調を崩します。それでもなかなか許可が下りずに困っていたところ、実はご懐妊であることが判明。皇太子にとっては最初の子です。

オメデタは喜ばしいことですが、何と言ってもまだローティーン。大人の体に成長しきっておらず、お産のリスクは非常に高くなります。理由を聞いて皇太子も許可を出し、ようやっと六条院に帰ることができました。

「会話の仕方わからない」幼妻にコミュ術レクチャー

明石の上と共に久々に六条院に帰ってきた女御は、ちい姫時代のお部屋ではなく、女三の宮の寝殿の東側を居室にしました。寝殿は最も格の高い殿舎ですから、プリンセスたる皇女と皇太子妃が住まうには最適な場所です。

紫の上は久しぶりの対面のついでに「せっかくなので、宮さまにもご挨拶をいたしましょう。前からそう思ってきたのですが、これを機に仲良くしていただけたら嬉しいわ」

源氏は2つ返事でOKし、紫の上は髪まで洗って念入りに仕度を始めます。でもこれは宮よりも、明石の上への配慮。かなり仲良くなったとは言え、やはりどうしても意識される相手なのでしょう。

源氏はその間に宮のところへ出向き、紫の上が挨拶に来る旨を伝えます。宮は「恥ずかしい。お話って、どんなことをお話したらいいの?」。ええ~~~~~……。

それもそのはず、たぶん宮の今までの生活では、女房やお父さま(朱雀院)から話しかけられて受け答えすることはあっても、見知らぬ人と”会話”するなんていうことはなかったに違いない。加えて、ユーモアとかウイットなどを面白がるどころか、すべて真に受けてしまうような天然ちゃんなお方なのです。

源氏はまたもや面食らいます。「こっちの方が恥ずかしいよ」とは思うものの、紫の上がせっかく挨拶したいと言ってくれているわけだし、その厚意を無にするのも申し訳ない。でも、宮のこんな様子を見られるのは相当マズイなあ。

「お話というのは、相手の言葉に適切に応じていけば自然と成立するものです。優しいお姉さまのような人だから、よそよそしくせず心を開いてお会い下さいね」。源氏もここへ来て、コミュニケーションの初歩を教えなければならないとは思わなかったでしょう。トホホ。

「今夜は苦情が出ないはず」絶望する妻と真逆な夫の行動

自分から言いだしたものの、寝殿へ向かおうとする紫の上の胸中は鬱屈としたものでした。

「今の今まで、光源氏の正妻と自分でも思い、世間にもそう思われてきたのに。ついに私は寝殿に住むことなく、新たにやってきた高貴な幼妻に挨拶しようとしている……」。寝殿は主人と正妻が住むところ、何故ここまで来てこの屈辱を味あわなければならないのか。

落ち度があると言えば、まるでさらわれるように源氏の手元で育てられ、そのまま夫婦になってしまったこと。源氏はきちんと結婚の形を取ってくれたけど、親元で世間へのお披露目をするような結婚式ではなかったせいで、こんなことに……。紫の上自身には責任のないことととはいえ、なんともやるせない気分です。

いろいろ考えても疲れるだけ。それならできるだけ穏やかに、優しくと心がけているものの、何気ないお習字の手習いに選ぶ和歌は心変わりや失恋の歌ばかり。無意識にそんなものばかり選んでいる自分に、彼女自身もハッとします。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy