体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サッカースタジアム級のワニ・高層ビル級のオオカミ・ジャンボジェット級のゴリラ! 『ランペイジ 』巨獣スペックが明らかに

%e2%80%bb4%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%b0%b417%e6%99%82%e8%a7%a3%e7%a6%81_%e3%80%8e%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%82%b8-%e5%b7%a8%e7%8d%a3%e5%a4%a7%e4%b9%b1%e9%97%98%e3%80%8f%e3%82%b8%e3%83%a7

ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』。

本作は、最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、巨大化、凶暴化してしまったアルビノの白いゴリラ、オオカミ、ワニの巨獣達が街中で大暴れするという怪獣好きにはたまらない作品。さらに、その巨獣たちに立ち向かうのは、人類最強の男、「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン! 5月18日の公開を前に、怪獣好き、破壊好き、筋肉好きから期待の声があがっています。

超絶パワーを持った巨獣たちの最新ビジュアル&スペックが公開! 1体ずつチェックしていきましょう。

最初は、アルビノの白いゴリラで、名前はジョージ。ジョージは元々優しいゴリラでした。しかし謎の緑煙を体に浴び、成長が止まらないサメの遺伝子や、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物へと変貌を遂げてしまうのです。最終的にジョージは、全長12m、体重9.06トンというあり得ない大きさに成長!

%e2%80%bb4%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%b0%b417%e6%99%82%e8%a7%a3%e7%a6%81_%e3%80%8e%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%82%b8-%e5%b7%a8%e7%8d%a3%e5%a4%a7%e4%b9%b1%e9%97%98%e3%80%8f%e3%83%a9%e3%83%ab

続いては、ラルフという通称のオオカミ。ラルフは元々自然界で群れをなし暮らすオオカミ。しかし一気に成長を遂げ、全長26m、体重13.8トンのモンスターに。そんなラルフの最大の特徴は、なんと空を飛べること! 突然変異でムササビのような羽を得たラルフは、街中を縦横無尽に飛び回り、高層ビルをなぎ倒していきます。強くて速くて飛べるって最強じゃね?!

%e2%80%bb4%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%b0%b417%e6%99%82%e8%a7%a3%e7%a6%81_%e3%80%8e%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%82%b8-%e5%b7%a8%e7%8d%a3%e5%a4%a7%e4%b9%b1%e9%97%98%e3%80%8f%e3%83%aa%e3%82%b8

最後は、ワニの通称リジー。リジーも普通のワニでしたが、急成長し、全長68.5m、体重150トンと巨獣の中でも一番大きい、超ビッグサイズの怪物に!! その黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ワニの頃の面影はなく、ドラゴンと恐竜が合体したような姿へと変貌……。日本人にとっては、一番怪獣らしい怪獣なので、親近感わきますよね!

このスペック紹介に合わせて、巨獣のスゴさがもっと分かる動画も解禁!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。