体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間の“見える化”で子どもの時間管理力をアップ!『変⾝!日めくりカレンダー』『やることボード』『とけいのウォールシール』でLet’s おかたづけ育!

学研ステイフルと整理収納アドバイザー・Emiさんのコラボ商品『おかたづけ育ツール』から、“時間管理ができる”力を育む『変⾝!日めくりカレンダー』『やることボード』『とけいのウォールシール』が新発売。“子どものやりたい”を生かす工夫が施されたアイテムのヒミツに迫る!

時間を“見える化”することで、楽しく時間管理!

『おかたづけ育ツール』は、株式会社学研ステイフルと整理収納アドバイザー・Emiさんが主催するOURHOMEとのコラボ商品。第1弾でキッズデザイン賞を受賞した、人気シリーズの第3弾だ。

 

今回のテーマは、「じかんのおかたづけ」。目に見えない時間を“見える化”することで、楽しく時間感覚を身につけられるのだそう。『変⾝!日めくりカレンダー』『やることボード』『とけいのウォールシール』、それぞれどんな工夫があるのだろうか。

 

『変⾝!日めくりカレンダー』

『変⾝!日めくりカレンダー』(税別1,500円・2018年3月下旬発売)は、何度でも使える日めくりカレンダー。

最大のポイントは、窓抜き部分に子どもの顔が入れられること!ここに写真を入れることで、旅先のフォトスポットのように、毎日いろんな衣装に変身できるのだ。イラストは、コックさんや桃太郎、人魚姫、アイドルなど、大満足の全31種。

 

これなら毎日、「今日はどんな自分だろう」と、子どもがワクワクしながらカレンダーをめくってくれること間違いなし。自分でカレンダーをめくることで、月日、曜日に対する“知りたい”という気持ちも高まるはず!

ちなみに日付に読み仮名がふってあるので、「ついたち」「ようか」など読みにくい読み方を覚えられるのもありがたい。日にちの下には、今日がひと月(31日)のうち何日目であるかがわかるように、赤く色を付けて“見える化”。

 

さらに、感覚的に曜日が覚えられるよう火曜は赤、水曜は水色などわかりやすく色分け。ラミネート加工してあるので強度も強く、ホワイトボードマーカーで書き込んでもOK。曜日の下に、習い事などを書き入れると便利だ。

 

『やることボード』

『やることボード』(税別980円・2018年3月下旬発売)は、子ども自ら予定を組み立てることができるアイテム。やることシールと時計シールを使って予定を組み⽴て、自分のスケジュールを“見える化”するのだ。

 

使い方はとっても簡単。まずはボードの右側に、「ごはんをたべる」「おふろにはいる」など、自分がやるべき事柄を順番に貼っていく。フリーシールもついているので、オリジナルの「やること」シールを作ることもできる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。