体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

dsc_0045

母親が不倫相手とダイナマイト心中したという、壮絶な過去を持つ雑誌編集者・末井昭氏の人生を映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が現在公開中です。この末井さんの人生、心中事件のみならず、工場勤務からピンサロの看板作り、伝説のエロ雑誌創刊、アラーキーこと荒木経惟さんとの仕事などなど、「これ本当の話?!」と驚きの連続なんです。

メガホンをとったのは、『パビリオン山椒魚』『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督。主人公の末井氏を柄本佑さん、その妻・牧子を前田敦子さんが熱演しています。今回は柄本さんと前田さんお2人にインタビューを敢行。驚きの人生を演じてみての感想など、色々お話しを伺いました。

dsc_0059

――これが実在する人の人生なのか?!とビックリしながら楽しませていただきました。柄本さんは末井さんの様な男の生き様って憧れますか?

柄本:憧れは……しない(笑)。

前田:憧れは、しないよね(笑)。

柄本:でも、こんな事が許されていたっていう時代はうらやましいなって思います。エロ雑誌が規制の対象になった時だって、警察の方といきなりやりあわないで、なんか話し込んじゃうみたいな。松重さん演じる警察の方も一緒になって「ここが見えなければ大丈夫なんだよ〜」ってアドバイスしてましたしね。あとは、携帯が無いからですよね。相手が言っていることを信じるしかない。実際はめちゃくちゃやってても、それがバレない。面白い時代ですよね。まあ、その中でも末井さんが特にすごい気もしますが。

前田:今回、妻役を演じさせていただいて、恋人として付き合うなら楽しそうでいいけど、結婚すると大変だろうなって思いました。最初(登場シーン)は好青年だったのに…。私はすっかり騙された気持ちです(笑)。

柄本:確かに、最初は牧子の方が優位にたっているっていうか、お姉さんっぽいんだよね。

前田:そうなんですよ! でも、だんだん牧子のほうが翻弄されちゃう感じ? そんな2人の関係の推移にも注目していただきたいです。

素敵なダイナマイトスキャンダル

――今回初共演されてみて、改めてお互いの印象はいかがですか?

柄本:あっちゃんは、時生(柄本時生、実弟)がとにかく仲良しで。僕は共演するのは初めてで楽しみにしていたんですけど、やっぱりすごいですよ、この人は。「僕のあっちゃん、私のあっちゃん」にしたくなってしまう魅力を持っている。

前田:いいキャッチフレーズをありがとうございます。

柄本:色気っていうのか、可愛らしさっていうのか、全部なんですけど、もっとあっちゃんを表現する良い言葉があるはずなのに思いつかない。

前田:私は、時生から佑さん情報をずっと刷り込まれていたので。「兄ちゃんはカッコいいんだ、すごくカッコいいんだ」って。一緒にご飯食べている時にもずっと言っていて。

柄本:もうそういう事言わなくていいのになあ、あいつ(笑)。でもそういう、時生とあっちゃんの結びつきがあるから、共演する前から勝手に近い存在でした。だから結構現場でもおしゃべりしちゃったりね。

前田:とにかく優しいんですもん。現場でも主演として引っ張っていってくれて、すごく頼りにしていました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。