体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

価格は22万円から!ポルシェデザインのスマホが登場

ポルシェという誰でも知っている高級車メーカーがデザインを手がけたHuwei(ファーウェイ)のスマホ「Mate RS」が発表された。

高級感漂う外観はもちろん、ストレージが最大512GBもあったり、ディスプレイに指紋センサーを取り込んでいたりと、機能的にもかなりハイエンドなモデル。

・容量不足の心配なし?!

かなり絞られたマーケット向けであることは間違いないが、ある意味、理想の機能を集約した機種ともいえる。

たとえば、スマホで多くの人が直面するのがデータ容量不足問題だが、Mate RSでは256 GBと512GBのモデルが用意された。512GBといえばPC並みだ。

・3つのレンズで撮り分け

カメラ3つを搭載する点も見逃せない。スマホで撮影することは多く、シーンに応じた撮り分けを可能にする。

メーンカメラは4000万画素(F値1.8)あり、そのほかにモノクロ用レンズ(2000万画素、F値1.6)、望遠用レンズ(800万画素、F値2.4)となっている。

・ダブル指紋認証

最新テクノロジーも随所に見られる。その代表的なものが、スクリーン内指紋センサー。ホームボタンではなく、ディスプレイの下にセンサーを持ってきているという最新技術だ。

しかも背面にも指紋認証センサーを設けていて、ダブルで使うことでセキュリティを高められるとのこと。

基本スペックはというと、ディスプレイは6インチ、解像度は2880×1440ピクセルとなっている。プロセッサーはKirin 970で、OSはAndroid 8.1。バッテリーは4000mAhあり、高速充電にも対応する。

価格はというと、ストレージ256 GBモデルが1695ユーロ(約22万円)で、512GBは2095ユーロ(約28万円)。4月12日発売。
Mate RS/Huwei

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy