体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Jリーグ:“神奈川ダービー”に向けて横浜Fマリノスが前哨戦を仕掛けた!? 川崎フロンターレのホーム東急線武蔵小杉駅を煽り広告でジャック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年4月8日に日産スタジアムで開催されるサッカーJ1横浜Fマリノスvs川崎フロンターレ戦に向けて、Fマリノス側が東急東横線・目黒線武蔵小杉駅の改札内に“神奈川ダービー”に「絶対に負けられない」という広告を掲載。いわば前哨戦を仕掛けた形となり、両チームのサポーターやJリーグファンで話題となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フロンターレのホーム・等々力競技場の最寄り駅の一つでもある武蔵小杉駅。あちこちにフロンターレの広告が目立ち、街頭にもフラッグが掲げられています。実際、川崎市の中でも中原区は後援会の入会者が一番多く、川崎市全体で見てもホームタウンの中のホームタウンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中、突如として東急線の構内に掲げられたFマリノスの広告8枚。J1リーグ公式戦で「12勝12敗4分」と完全に互角であることをアピールして、「川崎にだけは負けられない」と煽っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JR南武線・横須賀線との乗り換えや東急スクエアの入口とアクセスの良い北口側から見ると、Fマリノスが勝った試合が並んでいます。2000年の最初のJ1戦では、4-1でFマリノスの勝利。「激戦の歴史は、圧勝で始まった」というコピー、昔からのフロンターレサポならばイラッとくるのでは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2007年の等々力での一戦には「日産でも勝ち、等々力でも勝ち」とのコピー。Fマリノスのサポはさぞ気分が良いのでは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方で、南口側から見るとフロンターレが勝利した試合が並んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年、あと一歩のところで優勝を逃したF・マリノス。当時の中村俊輔選手ががっくりとピッチに突っ伏す姿はFマリノスサポならばまさに「あの悔しさは、消えない」試合でしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

直近の2017年9月9日の試合では、フロンターレが3-0と快勝。これを弾みにしてクラブ初の優勝に繋がりました。

j1_kanagawa_derby_09

Fマリノスは、特設サイトも開設。この並々ならぬ力の入れようには、昨シーズンにクラブ生え抜きでキャプテンを務めた齋藤学選手がフロンターレへ移籍したことも関係しているのかもしれません。

一方で、これまでフロンターレはFC東京との間での試合を”多摩川クラシコ”と位置づけ、両クラブで持ち上げてきた経緯があるため、ネットの一部のサポーターからは“神奈川ダービー”と銘打つことに対して「唐突」といった声も上がっていました。

とはいえ、2017年の日産スタジアムの動員数が一番多かったのは2017年6月4日のフロンターレ戦で記録した42483人。今回、敵地に“殴り込み”を仕掛けたことで、試合だけでなく観客の動員が増えるのかどうかも注目されます。

2018 J1 League(横浜F・マリノス 公式サイト)
http://www.f-marinos.com/kanagawaderby2018/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy