体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リメンバー・ミー』エイドリアン監督にガジェ通記者が描いた“アレブリヘ”を見てもらったよ!

リメンバー・ミー

現在、大ヒット上映中であり、体内の水分が抜けるほど泣けると話題の『リメンバー・ミー』。皆さんはもうご覧になりましたか? 本作には主人公・ミゲル、死者の国で出会う愉快なガイコツ・ヘクター、ミゲルの友達犬・ダンテなど様々な魅力的なキャラクターが登場しますが、「アレブリヘ」の存在も忘れてはなりません。

リメンバー・ミー

「アレブリヘ」とは、メキシコの伝統工芸品。カラフルで水玉模様や縞模様が独創的。映画では、顔がトラで翼とツノを持った「ペピータ」というアレブリヘが大活躍しています。上の画像で、ヘクターの上を飛んでいるカラフルでかっこいいキャラクター、それがペピータです。

アレブリヘ

映画の中にはこのペピータ以外にもたくさんの素敵なアレブリヘが登場するのですが、カラフルなもの、カッコいいもの、可愛いものが大好きなガジェット通信記者たちはもう夢中! 早速オリジナル・アレブリヘを考えてみました。さらに、そのイラストを『リメンバー・ミー』エイドリアン・モリーナ共同監督に見ていただきましたので、ぜひ最後までご覧ください。

mocaの作品「温泉猿アレブリヘ」

saru

「自分たちで考えたアレブリヘを楽しく描いてみよ〜」という、このゆるふわ企画に、いきなりの完成度で参戦したのは、デザイナーのmoca氏。温泉に入るお猿という日本らしいモチーフを、見事にカラフルなアレブリヘへと進化させています。水色、ピンク、それぞれのお猿の柄の違いにもご注目。

オサダコウジの作品「錦鯉アレブリヘ」

nishikigoi01_rgb

かつてネット上で、自身のFlashアニメ作品を発表していたオサダ氏。良い意味でネットカルチャーっぽいアレブリヘが完成しました。錦鯉の特徴である、白と赤のカラーリングはそのままに、目の周りの装飾で見事なアレブリヘ感を漂わせています。

ときたたかしの作品「うさぎアレブリヘ」

リメンバー・ミー

世界中のディズニーリゾートを取材する、強きディズニー愛を持つときた記者の作品。ビックリした表情のうさぎがとってもキュートだが、これはアレですよね? あの子ですよね? 「色遣いは一番アレブリヘっぽい」と皆が口を揃えていうカラフルさが特徴的だ。

藤本エリの作品「トキアレブリヘ」

img_1361

最後は恥ずかしながら筆者の作品を。日本を象徴する鳥のトキをアレブリヘ風にアレンジ。欲張って富士山にマリーゴールドもあしらってみました!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。