体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ガルパン』岩浪美和が設定!神風動画初の長編アニメ映画『ニンジャバットマン』は特別音響<時空震サウンド>で上映[AJ2018レポ]

戦国時代にタイムスリップしてきたゴッサムシティの悪党たちと忍者となったバットマンの激闘を描く“神風動画”初の長編アニメ映画『ニンジャバットマン』が6月15日(土)に公開。3月25日にアニメイベント【AnimeJapan2018】で開催されたスペシャルステージで、期待が高まるトークショーが繰り広げられた。

現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちが群雄割拠する戦国時代の日本にタイムスリップ。“歴史改変を狙う最狂の悪党たち”と、それを阻止すべく現代からやってきた“ハイテク装備も富も失ったヒーロー”ニンジャバットマンの時空を超えた壮大なバトルを描く、戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』。

スペシャルステージは、MCは杉山すぴ豊が務め、キャットウーマン役・加隈亜衣さんと音響監督の岩浪美和氏が登壇。本作の魅力や本作設定の特別音響について語りつくすトークイベントが開催された。

鎧兜姿にツッコミ

予告映像の前に、メインビジュアルに対して岩浪氏から「ニンジャじゃなくて戦国武将じゃないか!」という鋭い指摘に会場は爆笑。「でも安心してください。ちゃんとニンジャなんです」というフォローが岩浪氏からされ、ファンは興味津々な様子に。

日本が世界に放つ迫力の映像を制作し、最近では『ポプテピピック』でも大きな話題となっている神風動画をはじめ、キャラクターデザインに岡崎能士氏、脚本には劇団☆新感線の中島かずき氏、他にも人気・実力ともにトップクラスのメンバーが集結している本作について、岩浪氏は「世界よ、これがエンターテインメントだという作品になっている」と語った。

加隈さんからも「CM見ました?あれはすごかった!」と同じ神風動画制作のポプテピピックとのコラボ CMについての話が飛び出し、多くの観客が笑顔でうなずいていた。

子安武人のコンボイネタも!?

山寺宏一さん、高木渉さんを始めとした豪華キャストについて話が及ぶと、“最高にアダルト&セクシーなキャスト”だといわれて、加隈さんに対して観客から大きな拍手が。加隈さんは「私よりもセクシーボイスな(田中)敦子さんがいるので、恥ずかしい!」と照れていたが、本作のキャスティングについては岩浪さんも最高だったと納得の表情をみせた。

バットマンを演じた山寺さんの声はやや低めでまさに“バットマンボイス”だったという。一方で、ジョーカー役の高木さんについては「好きにやっていましたね。楽しそうだった」とのこと。さらにゴリラ・グロッド役の子安武人さんについて「子安さんが『ビースト・ウォーズ』に続いてゴリラのような役をやるっていうのは、キャストが決まった時に絶対突っ込まれると思っていた」と、自身による配役ではないと、狙ったことを否定。その一方で、「ゴリラ・グロッドはすごくいいセリフがある。これ絶対ビースト(・ウォーズ)だろ!というセリフがある」と期待してほしいことも明かしてくれた。

第六天魔王のジョーカーなど歴史ファンも楽しめる

今回制作を行った神風動画について、「今はジョジョやポプテピピックで有名だが、EXILEや安室奈美恵さんなどアーティストのPVや、ロックマン、ドラゴンクエスト、ファイナル・ファンタジーなどのゲームの映像をやっていて、あまり名前が表に出てくることはなくても皆さんがどこかで知らないうちに絶対に見たことがあるっていうものを作っている。それが今回満を持して初めて長編オリジナル作品が完成したんです」と岩浪氏が語り、神風動画のポリシーとして“妥協は死”という言葉があることを明かしてくれた。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。