体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“人肌”に近い食器!? 輪島塗の老舗「輪島キリモト」から新ブランド誕生!

“人肌”に近い食器!? 輪島塗の老舗「輪島キリモト」から新ブランド誕生!
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。3月18日(日)のオンエアでは、輪島塗の老舗「輪島キリモト」が立ち上げた新しいプロダクトブランド「IKI-by KOHEI KIRIMOTO」 に注目。8代目でブランドディレクターの桐本滉平さんにお話を伺いました。

■老舗「輪島キリモト」とは

石川県輪島市の漆器の老舗である「輪島キリモト」。木に漆を塗る工芸品・輪島塗は、輪島市で取れる珪藻土を漆に混ぜて下地にすることで、丈夫な漆器ができることから、室町時代に産地が形勢されました。「輪島キリモト」は、時代にあわせて技術を応用するマインドを持ち、金属のスプーンやフォークが使える漆器を開発するなど、現代の生活に柔軟に寄り添っています。

そんな「輪島キリモト」代表・桐本泰一さんの息子である滉平さん。現在25歳です。滉平さんは、文部科学省の留学プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN 」の4期生として、フランス・パリで「輪島キリモト」の商品を販売し、留学成果報告会で最優秀賞を受賞しました。輪島塗や漆をほとんど知らないフランスでも、その独特の艶や触感に「生まれてはじめて出会った素材」という反響が多かったそうです。

■「IKI-by KOHEI KIRIMOTO」の魅力

オンエアでは、滉平さんが新たに立ち上げたブランド「IKI-by KOHEI KIRIMOTO」について伺いました。日本古来の伝統素材である漆を、現代のクリエイターの感性を取り入れながら、科学とプロダクトデザインの側面から魅力を再定義して、プロダクトを開発したという新ブランドです。「IKI」には、「生きる」「息」「粋」3つの意味が込められています。今回お持ちいただいた第1弾プロダクトは、漆の赤や黒のイメージではなく、「人肌」を意識したキャメル色でした。

桐本:漆のイメージは固定化していて、それがもったいないという思いが昔からありまして。改めて漆という素材の、どの切り口から魅力を伝えようかと考えて。漆は人間の肌のように水分を吸ったり吐いたりしているので、人肌に近くて、人間にとって気持ちよい素材であることを伝えようと思いました。デザインについては、「IKI」の「生きる」部分から、漆は捨てるものではなく、直して何回も長く使う、まるで「生きもの」のような存在だということで、手で削って有機的なものにしました。

滉平さんは、「この魅力を海外の人にも知ってもらい、海外の文化にも寄り添ったプロダクトを作りたい」と語りました。「IKI-by KOHEI KIRIMOTO」は、現在オンラインショップの準備を進めていますが、滉平さんのインスタグラムやツイッターなどでも、注文を受け付けているそうです。ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:日曜9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。