体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伸びにくい!ニットのラクちん洗濯術

伸びにくい!ニットのラクちん洗濯術

セーターなどのニット製品の、縮みにくい洗濯方法をご紹介。洗濯機で洗えるもの・洗えないものに分けて洗い方を解説していきます。ニット製品の洗濯に関する+αも、合わせてチェックしてみてくださいね。

目次

ニット(セーター)の洗濯方法

ニット(セーター)との上手な付き合い方

 

ニット(セーター)の洗濯方法

ここでは、縮みや型崩れ、伸びを極力防ぐためのニットの洗い方をご紹介します。

 

【洗濯方法1】洗濯機で洗えるニット(セーター)の場合

© PIXTA

洗濯表示を確認して洗濯機が使えるニットであれば、手洗いコースやドライコースで洗濯することができます。
洗濯前に必ず色落ちしないかどうかチェックして、色落ちする場合は他の服と分けて洗うようにしてください。

【用意するもの】

衣類用中性洗剤・・・適量

柔軟剤・・・適量

洗濯ネット・・・1個

【ニットを洗濯機で洗う方法】

洗濯前に、ニットの汚れが気になる箇所はあらかじめ中性洗剤の原液をつけて、軽くたたいて部分洗いを済ませておきます。

表面に毛玉ができないようにニットを裏返し、さらに汚れやすい襟や袖口が外側になるように畳み、洗濯ネットに入れます。

洗濯ネットを洗濯機に入れて、手洗いコースやドライコースなどの弱水流コースで洗濯します。ニットの仕上がりをふんわりさせるなら、あらかじめ柔軟剤をセットしてから洗濯機をスタートさせましょう。

ウール製のニットは冷水やお湯で洗濯すると縮みやすくなるので、必ず30度前後のぬるま湯で洗濯するようにしてくださいね。

 

【洗濯方法2】洗濯機で洗えないニット(セーター)の場合

洗濯機で洗えないニットの場合は、手洗いでやさしく洗うようにしましょう。

【用意するもの】

衣類用中性洗剤・・・適量

ぬるま湯(30度前後)・・・適量

柔軟剤・・・適量

洗面器・・・1個

洗濯ネット・・・1個

【ニットを手洗いする方法】

最初にニット全体の汚れを確認し、目立つ汚れの箇所に中性洗剤の原液をつけておきます。

縮みや型崩れを防ぐため、ニットを畳みます。畳むときは襟や肘、袖口など汚れやすい部分が外側に来るように畳みましょう。

洗面器に30度前後のぬるま湯を張り、衣類用中性洗剤を溶かします。洗剤の濃度は、お使いの洗剤の注意書きに従ってください。

ニットを畳んだまま洗面器に入れて、沈めたり浮かせたりしながら軽く押し洗いします。

水を何度か交換しながら押し洗いを繰り返し、洗剤の泡が出なくなったらすすぎ完了です。柔軟剤を使用する場合は、洗剤の泡が出なくなった段階で柔軟剤を入れて、再度すすぎを行ってください。

洗いが終わったら洗濯ネットに入れ、洗濯機で30秒程度の短い脱水にかけたら洗濯は完了です。

押し洗いするだけでは汚れが落ちない場合は、軽く握るようにしてつかみ洗いを繰り返しましょう。

 
【ニット(セーター)を型崩れさせない干し方】

脱水後のニットを放置するとシワや型崩れの原因になるので、脱水が終わったら速やかにニットを取り出して干しましょう。
黄ばみや色あせを防ぐために、直射日光は避けて陰干しにするのがベストです。
またこの時ハンガーにかけて干すとニットが伸びてしまうため、なるべく平干しにして乾かすようにしてください。
平干しにする際は、濡れているうちに襟や袖口などを意識して伸ばしておくと、形も崩れにくくなりますよ。

 

ニット(セーター)との上手な付き合い方

© PIXTA

ここでは、ニットの洗濯に関する+αの情報をお届けします。

 

スチームアイロンで柔らか仕上げに!

洗濯したニットが乾いたあと、スチームアイロンをかけると仕上がりが柔らかくなります。
130~160度程度の中温設定で、当て布をしたうえで蒸気だけを当てるようにしてアイロンをかけましょう。
毛羽立ちを抑える効果があるほか、縮んでしまった部分も元の形に近づけることができますよ。
毛玉もできにくくなるので、ニットの洗濯の際はぜひ試してみてくださいね。

 

たたんで収納するのが正解!

ニットを干した後、ハンガーにかけっぱなしにするのは型崩れや肩部分の伸びを招きます。
保管する際はなるべく畳んだ状態でしまうようにしましょう。
また、ウールやシルクなどの動物性繊維は虫に食べられてしまう可能性が高い素材です。
防虫剤を活用して、せっかく洗った衣類が虫食いに遭わないようにしておきましょう。

 

自分で洗濯する回数を減らす

ニットは型崩れが起きやすいため、できれば頻繁には洗いたくないもの。
複数枚のニットを用意して、ローテーションして着まわすのも良い手かもしれませんね。
どうしても大切なニットで、自宅で洗うと風合いを損ねそうで心配なものは、クリーニング店に持っていくのがおすすめですよ!

 
いかがでしたか? 難しい印象のあるニットの洗濯ですが、やさしく洗うことを守れば、決して難しいことではありません。
ご紹介したニットの洗濯方法をよく読んで、ぜひ挑戦してみてくださいね。

伸びにくい!ニットのラクちん洗濯術
毛玉が気になったら、こちらの記事をチェック!

関連記事リンク(外部サイト)

これはやってみたい!セーターの毛玉取り術<簡単>

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。