体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春の宵に楽しみたい!ホテルのバーの桜カクテル3選

都内でも桜が楽しめる季節になってきた。オトナ女子たるもの、そんな時はホテルのバーで限定の「桜カクテル」を嗜んで、目と舌で春の訪れを楽しんでみてはいいかがだろうか。今回は、ラグジュアリーホテルの厳選「桜のカクテル」を3つ紹介しよう。


1.セルリアンタワー東急ホテルの「スプリング ロワイヤル」2316円
40階のタワーズバー「ベロビスト」で4月30日(月・休)までいただけるのが「スプリング ロワイヤル」(写真/右)。桜と梅酒のフローズンカクテルだ。ほかに、柑橘系のフルーツとロゼシャンパンで春を表現した「プランタン クーラー」2316円(写真/左)、春風に誘われてダンスを楽しむような花の舞の様子をグラスに表現した「ラ ダンス デ フルール」2197円(写真/中)も!価格はすべて税・サ料込。


2.グランドハイアット東京の「桜」1700円
6階にある「オーク ドア バー」で飲めるのが、その名もずばり「桜」1700円(写真/左)。日本産のクラフトジン「ROKU」を使ったカクテルで、桜リキュールやライチジュースを入れることにより、さっぱりとした口当たりとなっている。ちなみに写真右は、長野県産の桜を濃縮したシロップを使用した「桜のシャンパンソルベ」2000円。3月31日(土)までの期間限定で販売。価格は、すべて税・サ料別。


3.リーガロイヤルホテル東京の「Frozen SAKURA Daiquiri」2020円
「Frozen SAKURA Daiquiri」(写真/右)は、1階「セラーバー」で提供中。ホワイトラムをベースに、桜の花の塩漬けと一緒に味わうスタイル。このホテルは、桜の名所「神田川沿い桜並木」から徒歩3分のところに位置しているので、ダイキリを楽しんだ後、桜並木をお散歩するのもオツなもの!写真左は、菜の花をモチーフにしたカクテル「Petit Bonheur ~菜の花の願い~」1782円。いずれも税・サ料込。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。