体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都内最大級! 池袋で“学校丸ごとコスプレ学園祭”フォトリポート

コスプレイベント『Artoon Bash! in みらい館大明』が3月18日、2005年に閉校した東京都豊島区(池袋)の小学校を利用した生涯学習施設“みらい館大明”で開催。「学校丸ごとコスプレ学園祭」をテーマに、教室、校庭、体育館、屋上、野外プール、さらに近隣の公園や商店街、神社で撮影をする多くのコスプレイヤーの姿が見られました。

2015年から数えて4回目となる同イベントは、コスプレイベント運営団体“Wizard Wand”が主催。同施設は地域住民の利用以外でもドラマや映画の撮影、イベント利用で貸し出すこともあり、5年ほど前からコスプレイベントを開催しているとのことです。毎月3階フロアのみを会場にした50名限定の撮影会を開催していますが、学校全体で撮影できるのは今のところ1年に1回のみとなっています。

近年、コスプレは地域活性化につながるなどで注目を浴びていますが、利用マナーの問題でコスプレ撮影を見合わせる施設もあります。生涯学習施設という性質があるにも関わらず、同団体によるコスプレイベントが5年ほど続いているのは、“一般の方へのコスプレへの理解と節度を守った運営”をしてきたからではないでしょうか。

学校を舞台にしたアニメ・ゲーム作品は多く、閉校した学校でのコスプレ撮影は常に人気です。同施設はJR池袋駅や東京メトロ要町駅から徒歩圏内で通える立地の良さもあって、この日は筆者が数えられた限りでコスプレイヤーとカメラマン合わせて約400人の参加者がありました。それでは参加者による学校でのコスプレ写真をご紹介します。

楠葉

moco

オリジナル/李丘@りお(@rioka_rio)

オリジナル/まさとし(@imobattikoi)

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。