体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大喜びする浜ちゃんとドン引きの松ちゃんが対照的!? 『水曜日のダウンタウン』で鎌や金槌を手にスタッフを追う青ヶ島の仙人が話題に

downtown_01

2018年3月14日にTBSで放送された『水曜日のダウンタウン』で取り上げられた“青ヶ島の仙人”が『Twitter』などSNS上で話題になっている。

仙人は同番組の『島から生涯一度も出たことない人探し』というコーナーで制作スタッフから取材依頼を受けた際

「話はいらないって言うのが分かんないのか この野郎」

「ぶっ殺してやるよ」

と憤りながら鎌や金槌を手に拒絶。

その後、打ち解けて取材に応じたものの、そのあまりに特異なキャラクター性が視聴者からの爆発的な反応につながった。

仙人は現在85歳。

気難しく、たやすく他人を受け入れないが

「若い頃は島を出ることも考えたが年老いた両親を置き去りにすることは出来なかった」

「(火山噴火の可能性がある当地を指して)噴火しても俺は島もろともになろうと思ってるよ」

と愛情あふれる一面も見せた。

『Twitter』では放送直後から

「水曜日のダウンタウンのスタッフすごいな~
金槌と鎌持って追いかけてきて「殺して刑務所に行ってやる」て言ってる老人に何度もアプローチして心開かせるなんて… 完全に頭おかしい相手だから逃げて終わりかと思った」

「水曜日のダウンタウンは凄いなぁ~! 殺されそうになっても食らいついていくスタッフはえらい!! 浜ちゃんはドS!!!」

「金槌や鎌を振り上げ刑務所に入る覚悟まで口にする物騒な青ヶ島の仙人(心を開けば実はいい人)に追いかけられるスタッフを見てヒャーヒャー大喜びする浜ちゃんとドン引きの松ちゃん。この番組だと松ちゃんがすごく普通の人に見えるのが面白い。そして狂ってる浜ちゃん最高。 」

「え、水曜日のダウンタウンすごい嫌悪感… 
最終的に答えてくれてはしたけど、あんなに取材拒否してたのにずっと隠し撮りみたいに撮ってたし。なんなんあれ… 
ワイプでも「面白いなぁ!」とか「スタッフがんばれ行け行けぇ!」って…あれが面白いって感じるとか凄い怖いんだけど」

「鎌と金づち、社会主義の仙人だ」

など賛否両論の意見が寄せられている。

なお仙人は以前に千鳥がパーソナリティを務めていた『噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!』(TBS)でも取り上げられたことがあり、その際に一度だけだが島を出たことがあると語っている。

ドンマイ。

水曜日のダウンタウン(TBSテレビ)
http://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/ [リンク]

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。