体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ランキング世界ナンバーワン!沖縄の石垣島が旅行先に選ばれる理由とは?

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
人気の観光地、沖縄。沖縄の中でも石垣島は「トリップアドバイザーの口コミで選ぶ、人気急上昇中の観光都市ランキング」の2018年版で、世界NO.1に輝いているとご存知でしょうか。

トリップアドバイザーは世界的なサービスですが、No.1となる口コミには実際、日本人の意見も多く含まれているようです。やはり石垣は、世界の人はもちろん、日本人にも大人気みたいですね。

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
とは言えこの石垣島、そもそもどうしてこんなにも人気なのでしょうか。「そんなにいい場所なら、次の沖縄旅行では行ってみようかな」と漠然と考えている人も少なくないはず。

そこで今回は石垣島に何度か訪れた経験のある筆者が、石垣島の人気の秘密を考えてみました。せっかくの沖縄旅行、本島だけではなく先島諸島の石垣島まで足を運びたい理由を、考えてみたいと思います。

 

石垣島が選ばれる理由その1:
那覇の「その先」という地理感で旅心が高まる

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
鹿児島から台湾に続く列島全体を南西諸島と呼びます。南西諸島は鹿児島県の薩南諸島と、沖縄県の琉球諸島に分類されています。

琉球諸島は那覇のある沖縄島を含めた沖縄諸島と、南西に進んだ先島(さきしま)諸島にさらに分かれます。先島諸島には宮古列島、八重山列島が連なっていて、八重山列島の一角に石垣島が含まれています。なんだか頭が混乱してきましたが、つまり、石垣島は那覇から見てもとても「遠く」にあり、飛行機で片道一時間ほどの移動が必要な場所に位置しているのですね。

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
御神崎灯台

石垣島の最寄りの大都市は台北。那覇に行くだけでも遠くまで旅をした気になれますが、さらに「先」に進むために飛行機を乗り継ぎ、南ぬ島石垣空港を目指すとなると、旅心が大いに高まります。「先」があるのなら行ってみたくなる、そんな旅人の気持ちを満たしてくれる地理的要素も、人気の理由なのかもしれませんね。

 

石垣島が選ばれる理由その2:
ミシュラングリーンガイド3つ星は石垣島だけ

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
川平湾

ミシュランの星と言うと、グルメガイドを思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかしミシュランは世界の旅先にも星を付けていて、沖縄で最高評価の3つ星を受けている場所は、石垣島にある川平湾の1カ所のみになります。

川平湾は市街地のある石垣島の南側とは反対で島の北側にあり、市街地から自動車で約35分の距離にあります。筆者がかつて訪れたときのパンフレットが手元に残っていましたので参照してみると、同地の海の美しさは「川平ブルー」と呼ばれ、世界中の人を魅了しているのだとか。

人気ランキング世界NO.1!沖縄旅行で石垣まで行きたい理由3つ
川平湾

船乗り場を兼ねた観光スポットは、東シナ海に面した石垣島北部の海岸線が、内陸に湾曲した湾内にあります。湾には大小の島々が浮かび、湾の入り口をふさぐように川平湾小島(くじま)も横たわっています。川平湾は全域が西表石垣国立公園。グラスボートのクルーズ観光が盛んで、ガラス窓がはめられた船底からは、クマノミ、テーブルサンゴ、ユビエダサンゴ、キンギョハナダイ、アオブダイなどさまざま熱帯魚やサンゴが楽しめます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。