体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山芋簡単レシピ!究極or時短で使い分ける、絶品とろろの作り方

山芋簡単レシピ!究極or時短で使い分ける、絶品とろろの作り方

山芋をすりおろすだけで簡単にできる「とろろ」。独特の粘りと、のどごしなめらかな味わいが魅力です。ご飯やそばにかけたり、磯辺揚げやあえものにしたりと、さまざまな料理で楽しめますが、使う芋の種類や道具によって口当たりが変わってきます。そこで、料理研究家の高城順子先生に、おいしいとろろの作り方を教えていただきました。

とろろ汁に向くのは「いちょういも」

とろろ汁に向くのは、粘り気の強い「いちょういも(手前2つ)」

山芋にはさまざまな種類があり、粘りの強さも異なります。だし汁でのばしてご飯にかける「とろろ汁」にするなら、粘り気の強い「いちょういも」がおすすめ(写真手前2つ)。いちょうの葉のような末広がりの形をしていて、手に持ってすりおろしやすいのが特徴です。関東では「やまといも」と呼ばれています。

山芋の仲間で最も多く出回っている「長芋」は、粘り気は少なめ(写真奥)。水分が多く食感もさらっとしているので、だし汁でのばす必要がなく、あえものなどに使うと良いでしょう。反対に、丸い塊状の「つくね芋」や細長い「自然薯」は、粘り気がかなり強いので、いちょういも以上にだし汁でよくのばす必要があります。

すり鉢を使うと口当たりの良いとろろに!

すり鉢を使うと口当たりの良いとろろに

とろろ作りに適している道具は、すり鉢です(写真左)。内側にある細い溝を利用してすりおろすので、きめ細かくなめらかな食感になります。すり鉢がない場合は、右のような目の細かいセラミック製のおろし器を使いましょう。

究極のまろやかさ!基本のとろろ汁の作り方

山芋は空気に触れるとすぐに変色してしまいます。変色を防ぐには、酢水であく抜きをすることが多いのですが、水につけるとぬめりが出てすりおろしにくくなるので、とろろにする場合はおすすめしません。使う直前に皮をむき、手早く調理しましょう。

山芋のひげ根をハサミで切り落とします。包丁で切り落とす、あるいはガスコンロの直火で焼いて取り除く方法もあります(火の扱いには十分注意し、やけどに気をつけましょう)。
とろろ汁の作り方:最初に、ひげ根をハサミや包丁で切り落とすか、ガスコンロの直火で焼いて取り除く

使う分だけピーラーで皮をむきます。皮の入り込んだデコボコの部分は切り落としましょう。手で持つ部分の皮を残しておくと、滑らずにうまくおろせます。
とろろ汁の作り方:手で持つ部分を残して、使う分だけ皮をピーラーでむく

かゆみが心配な場合は手に酢をつける

山芋と触ると手がかゆくなる方は、すりおろす前に、手や手首に酢をつけましょう。

1 2 3次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。